ブリトニー・スピアーズ、父親が後見人の資格停止に 「君は自由だ!」ファンら歓喜

拡大画像を見る

人気歌手ブリトニー・スピアーズは精神的に不安定になったことから、2008年に父親ジェイミー・スピアーズさんが彼女のキャリアや財産、私生活などを管理する後見人になった。後見人とは自ら判断することが困難な人のために裁判所から与えられる制度だ。

2019年には体調を崩したジェイミーさんが後見人を降り、ケアマネージャーのジョディ・モントゴメリーさんが一時的に代理を務めた。ただしブリトニーの財産管理においては、引き続きジェイミーさんが後見人として資産管理会社と管理している。

ブリトニーは後見人制度によって自身の生活が支配されたことは、長年にわたるジェイミーさんからの虐待であると主張。父親を後見人から外すようロサンゼルスの裁判所に求めていた。

そんなブリトニーを世界中のファンが支持し、彼女の解放を求める「#FreeBritney」キャンペーンが始まった。今年2月には彼女の後見人制度をめぐる争いをテーマにしたドキュメンタリー番組『Framing Britney Spears(原題)』が放送され、多くのセレブも彼女へのサポートを表明した。

そして現地時間9月29日、ロサンゼルス高等裁判所で行われた審理でブレンダ・ペニー判事はジェイミーさんがブリトニーの財産を管理し続けることは「受け入れがたい」と述べた。

ペニー判事はブリトニーの弁護士マシュー・ローゼンガルト氏の主張を支持し、彼女のためにジェイミーさんを後見人から外すことに同意したのである。

ジェイミーさんは娘への虐待を否定しているものの、ブリトニーから別の後見人を選ぶよう求められたため、今年8月には後見人から辞任することに正式に同意していた。

審理が行われた当日、ロサンゼルス高等裁判所の周囲には数百人ものファンが集まってデモを行ったため、警察が裁判所前の大通りを閉鎖する騒ぎとなった。ブリトニーの勝訴を知った瞬間、集まったファンからは大きな歓声が沸き上がった。数年間にわたってブリトニーの主張を支持し、13年間に及ぶジェイミーさんによる後見人に反対してきた「#FreeBritney」キャンペーンを行ってきたファンにとっても解放された瞬間となったのだ。

同日、ブリトニーは自身のInstagramで飛行機の操縦席に座る動画を公開し「今、最高の気分よ。飛行機を操縦するのも、プロペラ機に乗るのも初体験」と記した。

ファンからはさっそく「自由に飛び回って。可愛い小鳥さん」「誰かのために、こんなに喜んだことはないよ!」などと解放が決まったブリトニーを祝福するコメントが届いた。

「これは君の瞬間だ、ブリトニー! 自分の人生を生きて。君は自由なんだよ。」
「生まれ変わるんだ!」
「自由がブリトニーを待っている。これからは許可なしで、どこへでも飛んで行けるんだ。みんなあなたを愛しているよ!」

View this post on Instagram

Britney Spears(@britneyspears)がシェアした投稿

画像は『Britney Spears 2021年9月28日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 10/1 9:32
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます