森崎ウィン、深川麻衣と共に武術的な伝統芸能の“棒の手”を披露

拡大画像を見る

2021年11月に「FIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦フォーラムエイトラリージャパン2021」の開催予定地だった愛知県豊田市・岐阜県恵那市を舞台に、過去の確執と向き合い乗り越えようとする若者の“新たなチャレンジ”と、“故郷の仲間たち”との繋がりを、移りゆく自然豊かな美しい四季折々オールロケで描き出す、心あたたまるヒューマンストーリー『僕と彼女とラリーと』。9月24日より愛知・岐阜 一部劇場にて先行公開中の本作が、10月1日(金)より遂に全国公開となる。



この度、森崎ウィンと深川麻衣の“バディ感”を感じることのできる、本編映像が解禁された。本映像で披露されている“棒の手”は、本作の舞台でもある愛知県の無形民俗文化財。無病息災・五穀豊穣のため、棒や木太刀を使う武術的な伝統芸能。撮影は毎年、実際に祭りの中で“棒の手”が披露されている愛知県の猿投神社にて実施された。

“棒の手”を行う子供達を取材する2人の姿からスタート。取材後、美帆(深川)の息子の敢太に誘われ、棒の手をやる大河(森崎)。2人で掛け声と共に型にあわせて演舞をする姿は、とても微笑ましい雰囲気がある。大河達に「ママと(大河は)ずっと組んでたんよ、背が同じくらいだったから」と言う美帆に対して、敢太は「じゃあ2人でやってよ」とねだり、大河と美帆は棒の手をすることに。

幼い頃から一緒に練習してきた2人が互いに向かい合い、掛け声に合わせて本気で演技をする姿に、敢太も思わず笑顔を浮かべる。深川は、撮影のために行った棒の手のトレーニング時「足腰の重心を結構下に下げながらなので、ゆっくりに見えますが、本当にたくさん汗かきました」とコメントしており、見た目よりハードな演舞ということがうかがえる。

本編映像の最後、手を合わせる直前で演舞を止め、何かひらめいた様子の大河。「これ、使えるんじゃない?」と言う大河に、「ん?」と返事をする美帆。果たしてこのひらめきが、どのようにしてラリーレースに繋がっていくのか。そして、大河達がたどり着いた先にはどんな未来が待っているのか?本作の舞台となった愛知県の素晴らしい景色と共に、劇場で楽しんでほしい。


■映画『僕と彼女とラリーと』

10月1日(金)全国公開
9月24日(金)愛知・岐阜 一部劇場 先行公開中
キャスト:森崎ウィン 深川麻衣 佐藤隆太、田中俊介、小林きな子、有福正志、小林涼子、よしこ(ガンバレルーヤ)、竹内力、西村まさ彦
配給:イオンエンターテイメント / スターキャット

(C)2021『僕と彼女とラリーと』製作委員会


関連リンク

  • 9/30 17:51
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます