横浜流星&藤井道人監督、絆感じるインタビュー映像『DIVOC-12』

拡大画像を見る

明日10月1日(金)より公開となる12人の監督と豪華キャストの共演による12本の物語からなるオムニバス映画『DIVOC-12』。この度、その中の1編『名もなき一篇・アンナ』の主演・横浜流星のスペシャルインタビュー映像が到着した。




12作品全てが完全オリジナルストーリーで紡がれる本作。『新聞記者』で注目を集めた藤井道人監督が、“成長への気づき”というテーマで描く『名もなき一篇・アンナ』は、横浜さん演じる喪失感を抱き続ける男が、時空を超える旅の中で、アンナ(ロン・モンロウ)と出会い、自分の運命と向き合っていく再生の物語。12本の中でも、圧倒的な映像美が特徴だ。

『青の帰り道』(’18)への出演を機に、絆を深めていった横浜さんと藤井監督。映像では、待ち時間に藤井監督自らがVlogカメラを回し、横浜さんにインタビューをする様子が映し出されている。

『DIVOC-12』スペシャルインタビュー映像

夕焼けとともに横浜さんが映し出され、「誰よりもその役のことを考える」ことが役者として大切だと語ったり、“次はどんな作品・役柄に挑戦したいか”と問われると、「まずはオリジナルがいいですね」と話し、観た人の心に何か残せるような作品に挑戦したいという熱い思いを明かしたり。また、「そういう作品をミッチーと一緒にやりたい」と言い、2人の深い絆と信頼が感じられる映像となっている。

さらに、“映画ができるまでの軌跡”を追ったドキュメンタリー映像が、ソニー・ピクチャーズ公式YouTubeチャンネルにて順次公開されることも決定した。

『DIVOC-12』は10月1日(金)より全国にて公開。



(cinemacafe.net)


■関連作品:
DIVOC-12 2021年10月1日より全国にて公開
©2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc.

関連リンク

  • 9/30 12:45
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます