化け子再降臨!「自信がない」56歳、メイク迷子の悩みに真っ向勝負!

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247250/ )

ベテラン有名女優から愛され、指名が途切れることのない現役バリバリのヘアメイク職人でありながら、人気YouTuber(チャンネル登録者数10万人)としても大活躍の化け子(ばけこ)さんの第一弾企画は読んでいただけましたでしょうか?

 

 

「ファンデやめてみ!」
「メイクでシワは隠れません!」
「執着から逃れなさい!」
「可愛いピンクを選びなさい!」

 

経験に裏打ちされた確かなテクニックと次々と出てくる愛ある名言。そのどれもが、いろいろ気になるお年頃の40代50代の心に突き刺さるものばかり。
開設1年を待たずしてチャンネル登録者数10万人を突破したYouTubeチャンネル『ヘアメイク職人_化け子』にも

「ストレートでわかりやすい」
「説得力しかない」

という声があふれています。
そんな破竹の勢いでフォロワーを増やし続け、40代50代女性のカリスマとなった化け子さんがオトナサローネ再降臨!

 

第2弾は、メイク迷子の聖地『ヘアメイク職人_化け子』を飛び出して、多数の応募者から選ばれた1名にカウンセリング&メイク。その一部始終をカメラが追いました。驚愕のビフォー→アフターをお楽しみに。カウンセリング編になります。

 

乾燥、シミ、そばかすに悩む56歳

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247250/ )

昨日はほとんど眠れなかったと話す加藤さん。

 

多数の応募者の中から選ばれたのは、都内在住の加藤和恵さん。化け子さんのYouTubeチャンネルをいつもチェックしているというリアル化け子ファンで、化け子さんと同年代の56歳。化け子さんのオススメコスメもすでに多数入手済みです。

 

それでは、さっそくカウンセリングからはじめましょう。

 

-化け子さん(化)「肌コンディションを知りたいので、スキンケアも同時にしますね。お肌やメイクのことで、一番の悩みはなんですか?」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247250/ )

肌に透明感がある分、余計にシミが目立つ印象。

 

-加藤さん(加)「たくさんありますが、一番はシミですね。妊娠や出産でライフスタイルが変わった30代から気になりだして。40代、50代と歳を重ねるごとにポツポツと増えてきました。あとは乾燥とそばかすも少し。それから、悩みというか…、実は化け子さんにお会いできることが楽しみで、昨晩1.2時間ほどしか眠れませんでした」

 

-(化)「あら~、そっちの方が心配(笑)。でも加藤さんの肌、乾燥はしているけど、キメが細かくて透明感もあってうらやましい。」

 

-(加)「化け子さん流のローションパックのおかげです。動画を見て、毎朝晩続けたら洗顔後のつっぱり感がなくなりました」

 

※実は化け子さんの提案で、加藤さんには撮影日の3日前から毎朝晩ローションパックをして撮影に挑んでいただきました。

 

-(化)「よかった~。悩んだらとにかくローションパック! (撮影部隊を見まわしながら)老いも若きもローションパックを続けたら、肌コンディションはよくなりますよ。肌のトーンも目に見えてあがるので続けてみてくださいね。いつものスキンケアに美容液を追加するのもオススメです。全部変える必要はないので、ラインナップに1つだけ。ちょこちょこ変えずに1ヶ月は続けてみてください。“好き/嫌い”や“合う/合わない”の好みは1ヶ月は使ってみないとわからないから。

ところで加藤さん、右側の目のたるみも気になります? もともと一重でした?」

 

目のたるみ、左右差の加齢サインも

-加「う~ん、そういえば少し下がってきているかもしれません…」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247250/ )

まぶたのたるみ、まつ毛の生え方をチェック中。

-(化)「右のまつ毛が皮膚にのってきていて、ちょっとだけ眼瞼下垂に近い感じに見受けられますね。加齢サインです。右側に疲労がたまって重たく感じたり、不調の原因になる可能性があるので気をつけた方がいいですよ。マスカラは使ってます?

 

-(加)「使ってないです」

 

-(化)「使いましょう! できれば下地もセットで。下がってきたまぶたにコツコツ教えこんで元の位置にクセづけして戻してあげるんです。あとでいい方法を教えますね」

 

上記以外にも、普段の服装や、体型の悩み、普段使っているスキンケアアイテムやコスメ、おでこの形や髪型まで、多岐に渡るカウンセリングは、てきぱきと流れるような手順でスキンケアをしながら10分ほどで終了。

 

カウンセリング&スキンケア終了

いつも女優さんにしている通りのルーティンを体験されていかがでした?

 

-(加)「肌に触れる手のタッチがとにかくソフトで、まったく摩擦を感じませんでした。『最後にこの位置(耳裏のリンパ節)に流し込んで』とか『(手で触れて)このくらいのモチモチ感まで整える』とか、懇切丁寧に教えていただいて。メイク前ですがすでに感動しています」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247250/ )

女優さんに施すスキンケア同様にリンパマッサージ。

-(化)「加藤さんは乾燥肌なので、スキンケアが一番大事。懸念のシミへのアプローチもグッとやりやすくなりますよ。逆にね、これだけ肌のキメが細ければポイントメイクは何でも似合うと思う! どんなメイクにしようか、カウンセリングをしながらいくつもアイディアが浮かんでワクワクしてきた!」

 

さあ、準備は万端整いました。
ベースメイクをはじめましょう!

 

 

photo/Kiyoe Suzuki

special thanks/Mai Yurimoto,Maino Obikane

 

関連リンク

  • 9/29 10:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます