清澄白河の「no mark.Cafe」が、外でゆったり過ごせるお手軽ピクニックプランを開始!


清澄白河の古民家カフェ「no mark.Cafe」が、10月1日(金)よりピクニックプランをスタート!バスケットとレジャーシートの1日レンタルに、キューブ型ミニホットドッグ2個、チョコチャンククッキー2枚のセットを、1500円にて販売する。

清澄白河はゆったり過ごせる場所やコーヒー店が多い

清澄白河には、木場公園や清澄公園などさまざまな公園やゆったりと過ごせる場所があり、コーヒーを販売するお店は30以上も存在する。

同店のピクニックプランは、まだ知らない清澄白河の魅力の気づきや、自分だけのお気に入りの清澄白河の発見へとつながるきっかけになることを目指し、企画された。

手ぶらで来ても楽しめるピクニックプラン


同プランでは、大・中・小のサイズから選べるバスケットと、2人用のレジャーシートを貸し出すほか、


5cmの小さなキューブパンにソーセージとレタスを挟み、目玉焼きをのせた、キューブ型ミニホットドッグ2個セットと、チョコチャンククッキー2枚セットを用意。


キューブ型ミニホットドッグとチョコチャンククッキーを詰めたボックスは、広げるとお皿になる。

なお、紛失防止策として、Appleの紛失防止タグ「AirTug」を活用しバスケットを管理するという。

レンタル品は18時30分までに返却

ピクニックプラン利用の流れは、まず貸し出しの申し込み手続きで電話番号と名前を記入し、好きなバスケットとレジャーシートを選択。

ピクニックを楽しんだあとは、18時30分までに「no mark.Cafe」へバスケットとレジャーシートを返却しよう。

ドリンクは好きなお店でテイクアウトしよう

なお、コーヒー等のドリンクは、「no mark.Cafe」でも販売しているが、清澄白河の他のカフェのテイクアウトを利用することも可能。


「no mark.Cafe」店内には、無料の清澄白河マップ「kiyosumi-shirakawa base MAP」を設置しており、このマップを見れば、コーヒーショップや体験・飲食できるお店の場所が一目でわかる。

ピクニックプランを利用し、好きな場所で好きな飲み物と一緒にゆったりとした時間を過ごしてみては。

画像をもっと見る

  • 9/29 17:34
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます