STAiNY×JamsCollection[<TIF2021メインステージ争奪LIVE>出演者対談]憧れの舞台に向けて交錯する熱き想い

<TIF>初出演のアイドルたちが、メインステージへの出演権をかけて競い合う<TIF2021メインステージ争奪LIVE>。その<前哨戦>が、8月22日(日)に新宿ReNYにて2部制で開催され、アンスリューム、群青の世界、JamsCollection、STAiNY、が、10月1日(金)に行なわれる<決勝戦>へ駒を進めた。今回、その4グループを2組ずつに分けて対談を実施。各グループを代表して、STAiNYの葉月ゆりか、東雲あめ、JamsCollectionの一宮彩夏、坂東遥に、<前哨戦>の振り返りから、お互いの印象、そして<決勝戦>への意気込みについて語ってもらった。

編集協力:竹内伸一
撮影:河邉有実莉

熱さが表現できるように、煽りを変えたりもしたんです(一宮彩夏)

――まず8月22日に開催された<TIF2021メインステージ争奪LIVE前哨戦>当日のことを振り返っていただけますか?

東雲:
その日は<前哨戦>の前に1本ライブがあったんですよ。そこでファンの人たちの顔を見て安心することができました。でも、会場でリハーサルをしたら緊張してきちゃって(笑)。リハーサルから本番までの時間がすごく長くて、ずっと緊張したままで(笑)。楽屋で、みんなでそわそわしながら待ってました。ライブも最初はむっちゃ緊張してしまって。でも、4曲ちゃんとミスなくできて、ライブが終わった時は、結果に対して不安はあったけど、ちゃんとできたっていう満足感はありました。

葉月:
“勝負”のライブは初めてだったので、緊張がすごかったです。ほかのグループさんと競うのも初めてだったし……初めてのことばっかりでドキドキでした。

――<前哨戦>の前にもライブをやっていて、疲れていたりはしませんでした?

東雲:
普段からライブが多くて、1日2本とかはよくあるので、そこは慣れている感じでした。

葉月:
でも、前日は“<前哨戦>の前にライブ入れないでよ~”って言ってました(笑)。でも、いざ当日になったら、<前哨戦>の前にお客さんの顔が見れてよかったなって思いました(笑)。

――緊張がほぐれてよかったんですね。

葉月:
はい、めっちゃよかったです! ライブを入れてもらってよかった(笑)。

――JamsCollectionは、当日いかがでしたか?

一宮:
初めて“戦い”のライブに挑戦させていただいたんですけど、全然想像がつかなくて。前日まで“どんな感じなんだろう”ってずっと思ってたんです。当日はすごい緊張して、メンバーみんなカチカチになりながらリハをしました。しかも、あの日は新曲発表もしたんですね。だから二重に緊張しちゃいました(笑)。当日までのスケジュールもけっこうカツカツで、あんまりレッスンする時間もなくて。前日も名古屋と大阪に行っていたんですよ。体力的にも疲れた状態だったよね?

坂東:
そうそう!

一宮:
そんな状況でしたけど、ジャムズらしいライブができて、なんだか感動しました。

――一宮さんが考える“ジャムズらしいライブ”というのは、どういうものなんですか?

一宮:
熱いライブっていう感じですね。熱さが表現できるように、煽りを変えたりもしたんです。ファンの人もそれに気づいてくれて。ジャムズを初めて観る人の方が多かったので、“振りを一緒にやってくれるかな”とか不安もありましたし、ライブの最初の方は“誰だろう?”みたいに様子をうかがっている感じもあって。でも後半に行くに連れて、振りを真似してくれる方も増えていったので、ジャムズのライブを楽しんでもらえたのかなって思います。それが1番大事なことだとも思うので、それができてよかったなと思ってます。

坂東:
グループとしてはこういう“戦い”は初めてで、これまでのライブの中で1番緊張しました。私たちのことを知らない人が大半だったので、会場の空気感がいつもと全然違ったんです。そんな中でいつものパフォーマンスが出せるのか、とても不安でした。でも、会場で私たちのファンの人の顔が見えた時にはすごく安心しました。緊張したけど、ライブはすごく楽しくできました。1曲目が「コイハナビ」という新曲だったので、1曲目はずっと緊張してましたけど(笑)、そのあとは全部楽しんでできたので、悔いなく<前哨戦>を終えることができました。結果も2位で通過できたので、ホッとしました。

自分たちの振りを揃えることを意識して、レッスンで詰めていきました(葉月ゆりか)

――“勝負”ということでセットリストやパフォーマンスで工夫したことはありましたか?

葉月:
STAiNYは振りコピが売りというか、一緒に踊れるグループなので、初めての人が観ても踊りやすい曲を持ってきた……のかな(笑)。大事なライブの時には、そういう曲が多くなるようにしていると思います。

――ライブに向けてメンバー同士で“こういうパフォーマンスをしよう”といった話し合いはしましたか?

葉月:
メンバーの振りが揃っていないと、お客さんは真似できないと思うので、自分たちの振りを揃えることを意識して、レッスンで詰めていきました。けっこうみんな一緒に踊ってくれていたと思うので、よかったです。一緒に踊ってくれると、こっちも安心します(笑)。

一宮:
私たちはギリギリまでセットリストが決まりませんでした。スタッフのみなさんがかなり考えてくれて。

坂東:
何回も練り直して。

一宮:
新曲をやるって決めたんですけど、じゃあ、それをどこに置いたらいいのかとか。結局、1曲目にやったんですけど、ファンの方もいきなり新曲だとは思っていなかったみたいです(笑)。あと、さっきも言ったように煽りを変えてみたりとか、みんなに熱い気持ちが伝わればいいなと思って、曲中に円陣を組むっていう新しいことをやってみたり、いろいろと工夫はしたつもりです。

――ライブ中に手応えは感じられましたか?

一宮:
会場には、どちらかといえば私たちのファンの方は少なかったと思うんです。でも、配信でたくさんコメントしてくれて。“泣けた!”とか(笑)。私たちがやろうと思っていたことが伝わったのかなって、すごく嬉しかったです。

――当日、お互いのライブは観ましたか?

葉月:
観ました。まず歌が上手なグループだなって思いました。それと、人数が多いのにも関わらず、1人ひとりに目が行くというか、それぞれに個性があって、全員に興味がわくグループってすごいなって思いました。

――今までにイベントで一緒になったことは?

葉月:
1回一緒になりましたよね?

一宮・坂東:
(うなずく)

葉月:
でも、ちゃんとライブを観させていただいたのは、<前哨戦>の時が初めてでした。歌唱力がすごくて感動しました。

一宮:
嬉しいです(笑)。

坂東:
STAiNYさんは振りコピがすごくて、ファンの人と一体になってライブをやっているっていうイメージがめちゃめちゃあります。<前哨戦>の時に「恋餃子」を初めて観たんですけど、あれからずっと頭に残ってます(笑)。それくらいキャッチーな曲が多くて、盛り上がっていいなって思います。

一宮:
あの日、私たちの楽屋は2階で、ステージがちょうど観えるところだったんです。STAiNYさんは1番手だったじゃないですか。まだ会場が温まっていない中でライブをやるのって、絶対に(あとから出演するのとは)違うじゃないですか。それでもみんなを巻き込むライブをやっていて、すごいなと思いました。あと、私、新曲(「スターシャインパーク」)がめちゃくちゃ好きです! メンバーに“めちゃくちゃいい曲!”ってずっと言ってました(笑)。声がみんな可愛いんですよね。「ちょっとマテ茶!」もめちゃくちゃいい! ホント、キャッチーな曲が多いですよね!

東雲:
こんなに知ってくださっているなんて、思ってませんでした(笑)。嬉しいです。

――一宮さんはアイドルをかなりチェックしているみたいですね。

坂東:
彩夏はアイドルにかなり詳しいです(笑)。

一宮:
アイドル、めちゃくちゃ好きなんですよ~(照)。

――では、ファンとして<TIF>を観に行ったりもしてたんですか?

一宮:
実際には行けてなかったんですけど、映像はずっと観てました。だから夢でした。まさか自分が<TIF>に出られるなんて……。今回はチャンスをいただけて、めっちゃ嬉しいです。コラボをよくやっているイメージがあるので、いつかお呼ばれしたいです(笑)。

今後にも絶対につなげられる大事な通過点(坂東遥)

――みなさんにとって、<TIF>のメインステージはこれまで立ったステージで最大級になりますよね。

葉月・東雲・一宮・坂東:
(口々に)そうですね。

――そんなメインステージでパフォーマンスをするイメージは湧いていますか?

東雲:
STAiNYはお客さんと一緒になって盛り上がるグループなので、初めてのお客さんも楽しんでもらえたらいいなとは思っています。

――ライブをしていて、自分たちのライブを観たことがないお客さんが、振りを真似てくれたりしたら嬉しいですよね。

葉月:
嬉しいですね。<TIF>だと、いつも以上に初めての方が多いと思うので、そういう人たちをいかに巻き込めるか。それをこれからの課題にしていきたいなと思っていて、そこはみんなで相談して、パフォーマンスのレベルを上げていけたらいいなって思ってます。

――ジャムズは、メインステージに立つイメージはできていますか?

坂東:
私たちはまだデビューして5ヵ月なので、そのスピード感でメインステージに立つことができたら、すごいことだと思うんです。すごく嬉しいことだし、今後にも絶対につなげられる大事な“通過点”だと思うので、なんとしてでもメインステージに立ちたいって、メンバーみんな意気込んでいるんです。JamsCollectionの名前は知っていても、どんなメンバーがいてどんなグループなのかっていうことは、まだ全然知られていないので、1人ひとりの存在を知ってもらえる機会にもなるだろうし、グループとしても“JamsCollectionってこんなにいいグループなんだ”って思ってもらえるきっかけにできると思うので、やっぱりなんとしてもメインステージに立ちたいなって思います。

――グループの存在を知ってもらうために、普段から心がけていることはありますか?

一宮:
私たちもライブの本数は多い方だと思うんです。平日にもライブをやらせていただいているので。たくさんライブをやることで、名前を知ってもらえているのかなとは思います。あとは、はるちゃんのグラビアをきっかけに、グループのことを知ってくださる方も多いんです(笑)。

――グラビアをやることで、新しいお客さんが増えたんですね。

坂東:
そうですね。アイドルはあまり知らない方が来てくださったりするので、そういう意味では、新しい人をジャムズに引き込めるように、グラビアも頑張りたいなって思ってます。

――東雲さんは、ツイッターで<TIF2021メインステージ争奪LIVE>に向けてのカウントダウン企画をやっていますね。

東雲:
ちょっとでも面白いことをやって、みなさんに興味を持ってもらえたらと思って。工夫して頑張ってます。

一宮:
私、観てます! オムライスとか作ってましたよね。すごいなと思って、ずっと観ちゃうんですよ。

東雲:
はははは(爆笑)。すごいですね(笑)。

――一宮さん、かなりチェックしていますね(笑)。

一宮:
だって、可愛いなと思って(笑)。

――東雲さんは一宮さんのタイプなんですね(笑)。

一宮:
タイプです(笑)。

東雲:
嬉しいです(笑)。

ここで勝てるかどうかで、この先のアイドル人生も変わってくると思う(東雲あめ)

――今年の<TIF>で楽しみにしていることはありますか?

一宮:
<TIF>って1番大きなアイドルイベントで、たくさんのアイドルさんが集まるので、いっぱいライブを観て勉強したいです。観て学んで、自分たちに取り入れられるところをたくさん吸収できたらいいなと思います。

東雲:
個人的にBiSHさんがすごく好きなので、同じフェスに出れて嬉しい(笑)。

葉月:
“生誕”でカバーもしたんですよ。

――どの曲をカバーしたんですか?

東雲:
「オーケストラ」を歌いました。

――では、最後に10月1日(金)の<決勝戦>への意気込みを聞かせてください。

葉月:
出るからにはメインステージに立ちたいので、そこを1番の目標として頑張ります。<前哨戦>からの成長をいかに見せられるかが大事だと思うので、もっと練習していきたいなと思っています。

東雲:
<決勝戦>は、たぶんアイドルをやっていく中で相当大きなイベントだと思うんです。ここで勝てるかどうかで、この先のアイドル人生も変わってくると思うので、レッスンも頑張って、メインステージに立てるように頑張りたいです。

――<決勝戦>では、ここを観てもらいたいというポイントは?

東雲:
まだセトリが決まっていないので、どういう内容になるかはわからないんですけど、持ち時間がそれほど長くないので、その時間でどれだけ伝えられるか……たぶん「恋餃子」はやると思うので……。

一宮:
よかった! 嬉しいです。

東雲:
はははは(笑)。歌もダンスも磨いて、多くの人に一緒に踊ってもらえるように頑張ります。

一宮:
<前哨戦>ですごく緊張したので、決勝はもっと緊張すると思うんですけど、ファンの方と一緒に楽しむことを忘れずにやりたいです。ジャムズも振りが真似しやすいと思いますし、楽しいライブをやっているので、一緒に楽しんでもらえたら。<決勝戦>に向けて、また煽りを変えたりもすると思いますし、そこらへんも注目してもらいたいです。<前哨戦>よりもレベルアップしたジャムズの姿を見せられたらいいなと思います。

坂東:
<前哨戦>では一緒に出演したアイドルさんのライブを観させてもらって、2部も配信で観てたんです。ほかのグループを観て、ジャムズの課題が見つかったので、<決勝戦>ではちょっとでも<前哨戦>よりも成長した姿をライブで見せられるように頑張りたいです。あとは、メインステージに絶対立ちたいという気持ちは強いんですけど、何より、その過程というか、<決勝戦>に参加したことで得られるものをしっかり吸収して、今後のJamsCollectionの活動に活かせていけたらいいと思うので、頑張ります。

――ここを観てほしいというポイントはありますか?

坂東:
ジャムズも振りが真似しやすいと思うので、そこは観てほしいです。

一宮:
あとはサイリウム。振ってくださる方が多いんです。知らない方もサイリウムを振りたくなるように、みんなを巻き込んでいけたらいいなと思います。

<TIF2021メインステージ争奪LIVE>出演者対談の第2弾「アンスリューム×群青の世界」は、明日9月29日(水)12:00公開!

TOKYO IDOL FESTIVAL 2021

日程:2021年10月1日(金)、10月2日(土)、10月3日(日)
会場:お台場・青海周辺エリア
主催:TOKYO IDOL PROJECT

チケット発売中
・単日券 ¥8,800
「キラキラチケット」「Tシャツ付きチケット」はソールドアウト。

■チケットに関するお問い合わせ先
楽天チケット

※国や自治体(東京都)、公的機関によるガイドラインの改定等に伴い、観客数上限などに変更が出た場合は、今後の販売期間中に予告なくチケット販売を中止する場合、あるいは、上限数を増やして再販売する場合がございます。
※同公演では、新型コロナウイルス感染防止対策に伴い、無料観覧エリアはございません。

<TIF2021>のオンラインチケットは、購入者それぞれに付与される、たった1つの“NFT”になっています。

■オンラインチケット
オンラインチケットを購入すると、<TIF2021>のライブステージ「HOT STAGE」「SMILE GARDEN」 「DOLL FACTORY」「SKY STAGE」「バーチャルTIF」のオンライン視聴が可能となります。

・10月1日(金)1日チケット:¥4,900(税込)
・10月2日(土)1日チケット:¥4,900(税込)
・10月3日(日)1日チケット:¥4,900(税込)
・3日間通しチケット:¥13,000(税込)

■券売に関する注意事項
チケットのご購入、ご利用に際しては『TIFコミュニティ』の利用規約、プライバシーポリシーへの同意が必要となります。
ライブ配信の視聴には、お1人さまにつき1枚のオンラインチケットが必要です。
オンラインチケットは分配や譲渡はできません。
ライブ配信の視聴には安定したインターネット環境が必要です。詳しくは『TIFコミュニティ』内の推奨環境をご確認ください。
ライブ配信後の見逃し配信も予定しております。
チケットに関するお問い合わせ先:TIFコミュニティ

関連リンク

お問い合わせページ(TIFコミュニティ)<TOKYO IDOL FESTIVAL 2021>公式サイトチケット販売ページ楽天チケットお問い合わせページ<TOKYO IDOL FESTIVAL 2021>注意事項<TOKYO IDOL FESTIVAL 2021>公式YouTubeチャンネル

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/28 12:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます