「牛乳石鹸」約100円で洗顔も手洗いも充分。赤箱・青箱を1年使った正直レビュー

拡大画像を見る

 コスメコンシェルジュのやむです。コロナ禍で、家に帰ったらまず手を洗う習慣ができましたよね。手を洗う石鹸と、洗顔フォームを分けている人が多いと思いますが、もしひとつですんだら楽だと思いませんか? 実は、たった100円前後の「牛乳石鹸」(牛乳石鹸共進社)で、手洗いはもちろん洗顔も十分いけちゃうんです。

 保湿成分が配合されたロングセラー商品、牛乳石鹸の赤箱と青箱を実際に1年間使い続けた筆者が、その魅力や使用感についてご紹介します。

◆カウブランドの赤箱・青箱とは

 カウブランドの赤箱・青箱とは、国産で90年以上も売れ続けている「牛乳石鹸」のこと。「赤箱女子」という言葉があるほど、牛乳石鹸を使って洗顔をする女性が増えています。アットコスメの「ベストコスメアワード」にて、2度も1位を獲得したことがあり、洗顔料として長年人気を集めているアイテムです。

 ここまで多くの女性に愛される理由は、保湿力とコスパの2つ。天然の保湿成分である、ミルクバターやスクワランが配合されているので、乾燥によってゴワゴワしたお肌をしっとりやわらかく仕上げてくれます。

 もうひとつの理由は、1つ約110円で購入できるコスパのよさ。私は近所のドラッグストアで1つ当たり約95円で購入しています(メーカーの希望小売り価格は赤箱110円、青箱88円・税込)。1つを使い切るまで2~3カ月もつので、とんでもなくコスパがいい洗顔アイテムです。

◆赤箱と青箱の違い

 赤箱は「しっとり」、青箱は「さっぱり」とした仕上がりになるので、洗顔後の仕上がりが大きく違います。また赤箱の方がクリーミーな泡立ちでモコモコとしていて、青箱の方はきめ細やかでソフトな泡立ちな印象です。

 乾燥肌の方は赤箱、脂性肌の方は青箱をおすすめする声も多いですが、個人的には肌状態に限らず秋冬は赤箱をおすすめします。青箱には保湿成分であるスクワランが配合されていないので、湿度が下がるこれからの時期は保湿力に欠けるかな?と感じます。

 ちなみに私は脂性肌なので、春夏は青箱を使っていたのですが、赤箱に変えた秋冬では青箱を使っていたときよりもメイクノリがよかったです。

◆牛乳石鹸の使用感

 赤箱はローズのような華やかな香りと紹介されていますが、個人的にはバスロマンのような入浴剤の香りを感じます。

 青箱はザ・せっけん!というような馴染みのある香りがほんのりと漂います。香りに敏感な方は気になるかもしれませんが、ほどよく香るので洗顔タイムをちょっとした癒しの時間に変えてくれますよ。

 赤箱の洗いあがりはしっとりしていて、肌の突っ張りを感じません。青箱はすっきり・さっぱりした使用感なので、洗顔後はすぐスキンケアに移らないと少し乾燥を感じました。

 そのため青箱は汗をかきやすい夏に使い、赤箱は肌がゆらぎやすい季節の変わり目や、秋冬の乾燥が気になる時期に使い分けるのもおすすめです。

 カウブランドの赤箱・青箱はネット購入よりもドラッグストアで直接購入する方がお安く手に入りますよ。乾燥が気になる冬を迎える前に、洗顔方法を変えて肌の調子を観察してみてください。

<文/やむ>

【やむ】
コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定)/ 秘書検定準1級 / 温泉ソムリエの資格保有。フリーライター。温泉旅行が趣味。気がつくとデパコスカウンターにいるほどコスメ好き。Instagram:@yam_kimama

関連リンク

  • 9/27 15:45
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます