乃木坂46・高山一実、最後の『Mステ』後の笑顔ショットに反響 「素敵な姿でした!」「一生推し続けます」

 乃木坂46からの卒業を発表している高山一実が、25日に自身の公式インスタグラムを更新。24日に音楽番組『ミュージックステーション 2時間スペシャル』(テレビ朝日系)に出演した高山が花束を抱えた笑顔のショットを投稿し、ファンから反響が寄せられている。

 今月8日、9日に予定されていた東京ドーム公演が延期となったため、高山の卒業コンサートの時期は未定だが、28枚目シングル「君に叱られた」がラストシングルとなり、この日の『Mステ』がグループでの最後の出演となった。

 番組では同曲のパフォーマンスが終了すると、最後に笑顔で手を振る高山が感謝を伝えるシーンが映し出された。

 放送翌日に高山は「大好きなピンクと水色 曲中の背景もピンクと水色で…それだけでも充分幸せなのに花束までいただいちゃいました」と笑顔で大きな花束を抱えた自身の写真を公開。

 続けて「5年以上、ティッシュを買わない生活ができたのは私の自慢です!!Mステさん、今までありがとうございました!!」と番組特製ティッシュボックスを持った高山に秋元真夏と新内眞衣がキスをしようとしているキュートなスリーショットも披露している。

 この投稿に、ファンから「Mステのかずみん最高に綺麗でしたよ!」「最後のパフォーマンス最高でしたありがとう」「この笑顔を見れるだけで本当にファンとして幸せです」「これからMステでかずみんが見れないの寂しいけど、ほんとに素敵な姿でした!」「かずみんの笑顔優しくて本当に大好きです」「一生推し続けます!!」といった多数の応援コメントが殺到している。

引用:「高山一実」インスタグラム(@takayama.kazumi.official)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/26 6:54
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます