【オールカマー】レイパパレ高野師「満足のいく仕上がり」/ねぇさんのトレセン密着

拡大画像を見る

 この秋はエリザベス女王杯を目標としているレイパパレ。ひと夏越しての上積みがみられます。

「春は体の維持が重要でしたが、夏を経て心身ともに成長がみられます。追い切りでのダメージもなく、むしろ負荷を強めていかないといけないくらいです。たくましくなりました」と高野師。

 先週の追い切りを経て、素軽さが増したとのこと。「満足いく仕上がりです」と状態に太鼓判を押していました。

 前走の宝塚記念でデビューして初めての敗戦を経験しました。

「でも、大きく失速はしていないし、牡馬相手の3着。距離もこなしていますから、敗戦を糧に強くなってくれればいい」と、構えていました。

 高野師は過去、オールカマーをショウナンパンドラとセンテリュオで制しており、相性のいいレースです。オールカマーはエリザベス女王杯と同距離ですし、無事に秋初戦を通過してほしいですね。

(取材・文:花岡貴子)

関連リンク

  • 9/25 18:30
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます