【カンナS結果】出遅れも何のその、コラリンが差し切り連勝

拡大画像を見る

 25日、中山競馬場で行われたカンナS(2歳・OP・芝1200m)は、飛び上がるようなスタートで後方からの競馬となったC.ルメール騎手騎乗の1番人気コラリン(牝2、美浦・岩戸孝樹厩舎)が、直線で外から前の各馬を差し切り、さらに外から追い込んだ2番人気シゲルファンノユメ(牡2、美浦・伊藤圭三厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分08秒8(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に5番人気ジャスパークローネ(牡2、栗東・森秀行厩舎)が入った。なお、3番人気インプロバイザー(牡2、栗東・音無秀孝厩舎)は4着に終わった。

 勝ったコラリンは、父ダイワメジャー、母モルジアナ、その父Dubawiという血統。函館芝1200mの未勝利に続く連勝を飾った。

関連リンク

  • 9/25 14:47
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます