「別れたい」。彼からLINEで別れを告げられたら取るべき行動

拡大画像を見る

LINEを使って相手の心をつかみたい、相手と円滑にコミュニケーションを取りたい、と思っても、なんて送ればいいのか悩む女性も多いはず。そんな時に使えるLINEのテクニックを、恋愛コラムニストのTETUYAさんに男性目線で教えてもらいます。

今回は「彼氏から『別れたい』と言われた時の挽回LINE」です。

LINEが私たちの生活になくてもならないものになってから、全ての喜怒哀楽のコミュニケーションをLINEで済ませるようになったと思いませんか?

とくに、直接言いづらい嫌なこともLINEで済ませるようになりました。例えば、「仕事を休む」とか……。「相手の希望に添えなかった」とか……。

今回のように、別れ話もLINEで済まそうとするのは、良くないですよね(苦笑)。僕から言わすと、「LINEで済ませるくらいの思いで彼女と付き合ってたの?」って言いたいくらいです。

一度は、「好き」だと心の底から思った彼女と、これまで濃密な時間を過ごしてきたのに最後はあっさりって、ちょっと悲しいじゃないですか。

そんな背景の中、彼女が彼と別れたくないなら、まずは、なんとか直接会って話す機会を作ること。

直接会って話せば、なぜ、別れたいと思ったのかを聞き出すことができるかもしれない。それに、顔を見ながら話していくうちに、何か誤解が解けてやり直せるチャンスがあるかもしれない。

LINEだけのやりとりだと、どうしても彼の真意や感情も伝わりづらいから、絶対リカバリーできません。

ただ、多くの場合、この状況で彼女が会いたいと言うと、別れたい側の彼としては嫌がります(苦笑)。なぜなら、彼女を目の前にすると勝手にプレッシャーを感じて言いたいことが言えなくなってしまうから。

だから、「私は別れたくないよ! 一度、直接会って話そう!」こんな感じのLINEだと、絶対、会ってくれません! おそらく既読無視されるのがオチ(苦笑)。ここは、まず彼の心理を理解したうえでLINEを送りましょう。例えば、こんな感じ。

このLINEのポイントは、彼の「別れたい」という気持ちは一旦理解したと伝えること。これで、彼のプレッシャーは一旦、解放されるはず。

そして、「少しだけ」「最後のお願い」この、健気な懇願フレーズを入れれば、多くの男性は、「別れることに一定の理解を示してくれたし、最後のお願いなら、会ってあげよう」と思うはず。

ここまで言っても、会わない男性は、最低だと僕は思いますよ(苦笑)。会うところまで漕ぎつければ、そこからは、別れたい理由を、今後の自分のために聞き出す作業。

リカバリーできるならリカバリーして、自分に非があるなら、そこはちゃんと謝る。そうすれば、もう一回チャンスをもらえるんじゃないかなと思います。

とにかく、LINEだけで別れ話を完結させないこと。別れたくないなら、まずは、直接、会う機会を作ること。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

(TETUYA)

※画像はイメージです

関連リンク

  • 9/23 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます