「同棲相手がコカイン逮捕」片瀬那奈はSNSストップ…大麻が若者に異常蔓延のなか「当局が狙う次の逮捕者」は元アイドルX!

拡大画像を見る

 9月22日、全国の警察が今年上半期(1~6月)に大麻事件で摘発した人数(暫定値)が前年同期比305人増の2544人に上り、過去最多を更新したと『読売新聞オンライン』が報じた。

 警察庁によると、全体のうち20代が1296人で最も多く、次いで10代の505人となった。摘発者の7割が10~20代で、若者への大麻の蔓延が深刻化していることがうかがえる。

 警察庁は取り締まりや啓発を強化する方針で、厚生労働省も今後は大麻取締法を改正して「使用罪」を新設し、刑事罰を科す方針だという。

 東京五輪開催を前に、薬物犯罪を取り締まる警視庁組織対策5課(通称・組対5課)と厚生労働省麻薬取締部(通称・マトリ)は、有名人の薬物犯罪摘発にこれまで以上に注力するという報道もあった。

「オリンピックとパラリンピックが終了したこともあり、当局は再び違法薬物の取り締まりをより強化していく方針のようです。当然ながら、影響力の大きい有名人への捜査も、引き続き厳しくやっていくでしょうね」(夕刊紙デスク)

 薬物事件といえば、女優の片瀬那奈(39)の同棲相手でIT経営者の男が、7月3日に麻薬取締法違反(コカイン所持)で逮捕されていたと同月22日付の『文春オンライン』が報じたことも記憶に新しい。

■片瀬那奈は交際相手逮捕で家宅捜索&尿検査

 片瀬の交際相手の男は、組対5課の捜査員に逮捕された。

 男は逮捕された際、都内の宿泊施設でコカインを使用していたという。その後、組対5課が男と片瀬が同棲する都内の自宅にも捜索に入ったこと、片瀬も尿検査を受けていたことを所属事務所が認めたと『文春オンライン』では伝えている。

「自宅から違法薬物は発見されず、片瀬の尿検査の結果も陰性だったといいます。疑いは晴れたわけですが、ただ、片瀬のインスタグラムへの投稿は、4月2日を最後に更新がないんですよね。

 7月クールにはドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)に主要キャストとして出演していたにもかかわらず、7月6日のドラマのスタート時や9月14日のドラマの最終回を迎えた際にも、ドラマを告知する投稿もしていないんです」(前出の夕刊紙デスク)

 こうしたことからも、片瀬もパートナーの逮捕にショックを受けている可能性もある。片瀬にはスタッフが運営する公式ツイッターアカウントも存在するが、ツイッターでもドラマの告知は7月20日の第3話までしかしていない。そして、そのツイッターの更新も、『文春オンライン』がパートナーの逮捕を報じた7月22日の前日、21日で止まってしまっている。

 そんな中、当局が「次に狙う有名人」の名前も聞こえてきているという。

「その人物というのが、人気女性アイドルグループの元メンバーのXなんです」(前同)

■清楚系の元アイドル・X逮捕なら「のりピー以上」の衝撃

 Xといえば、10代の頃からグループの人気メンバーとして頭角を現した人物。また、グループ在籍時からドラマや映画などでも活躍。グループを辞めてからも、女優を中心に芸能活動を継続している。

「Xが逮捕されたら、その衝撃は計り知れないでしょうね。かつてはグループのメンバー内でも“清楚系”として人気を博しましたから、違法薬物とは最も縁遠いイメージにある。仮に逮捕されれば、その衝撃は酒井法子(50)以上のものになるのではないでしょうか。

 当局はXが“やっているのは間違いない”と確信を持って捜査に臨んでおり、現行犯で逮捕できるよう長い期間、Xやその周囲を追っていますね」(前出の夕刊紙デスク)

 Xの逮捕が報じられる日も近いのだろうか――。

関連リンク

  • 9/23 8:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます