ヤマダHDとアークランドサカモト、家電量販店とホームセンター融合の新業態 6店出店決定

拡大画像を見る

 家電量販店「ヤマダデンキ」を運営するヤマダホールディングス(ヤマダHD)は9月21日、2020年にLIXILビバ(現ビバホーム)を買収・子会社化したアークランドサカモトとコラボレーションし、家電量販店とホームセンターなどを融合した延床面積2万坪の次世代型新業態「総合生活提案型ショッピングスクエア」を2022年度から開始すると発表した。今後3年で6店舗を展開する計画。

 2022年に愛知県一宮市、東京都八王子市、23年に神奈川県平塚市、石川県野々市市、24年に長野県須坂市、大阪府茨木市に開業予定。大型駐車場完備の広大な敷地に家電量販店(4000坪想定、以下同じ)、広域商圏型スーパー(1000坪)、アークランドサカモトのホームセンター(6000坪)、SDGs対応型スマートハウス展示場、専門店街を展開する。
 店舗には超大型の太陽光発電装置を設置し、地域の防災拠点として非常用自家発電装置・給水設備を備え、サスティナブルな社会づくりに貢献する。
 アークランドサカモトと子会社のビバホームは現在、ホームセンターとして「ホームセンタームサシ」「ホームセンタービバホーム」を運営。アークランドグループ内には、とんかつ専門店「かつや」などの飲食店もあり、住まい・リフォーム、家具、家電、食、保険・金融まで、生活に関連するあらゆるカテゴリーが集積したオールインワン店舗が誕生することになりそうだ。
 ホームセンターと家電量販店の異業種がコラボレーションして商業施設を開発・運営するのは日本初としている。

関連リンク

  • 9/22 18:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます