謎のシルエットにも注目!2人の女性含む『ヴェノム』最新作キャラポスター

拡大画像を見る

スパイダーマンの宿敵であり、マーベル史上最も残虐な悪(ダークヒーロー)として誕生したキャラクター・ヴェノムを主人公にした『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の日本公開日が12月3日(金)に決定。海外版キャラクター・ポスター4種が新たに解禁された。




今回解禁されたのはヴェノム/エディ、カーネイジ/クレタス、アン、シュリークのキャラクターがフィーチャーされた4種のポスター。

ヴェノム/エディポスターは、ジャーナリストであるエディ(トム・ハーディ)の正義感あふれる真っすぐな眼差しと、“俺たち”として1つの体を共有しあうヴェノムとの一体感を感じさせる。

カーネイジ/クレタスポスターでは、連続殺人鬼クレタス(ウディ・ハレルソン)の狂気を宿した目と、ヴェノムよりもさらに険しい目つきと鋭い牙のカーネイジの顔に、その計り知れない残虐性が浮かび上がる!

エディの元婚約者アンのポスターには、前作でヴェノムがアン(ミシェル・ウィリアムズ)に寄生して登場した「シー・ヴェノム」のようなシルエットも…。果たして今作でも登場するのか期待が高まる。

また、シュリークポスターでは、左右異なる色の目を持つ彼女の魅惑的なブルーの目の上に額から頬までの大きな傷が。シルエットの彼女の口からは超音波が放たれ、その“叫び声”であらゆる物を破壊するとされるシュリークの凶暴性は未知数とされている。

副題の“レット・ゼア・ビー・カーネイジ”が意味する「大殺戮よ、起これ」の通り、連続殺人鬼クレタスの狂気を取り込んで覚醒したカーネイジが世界を闇へと包んでいく本作。

果たして、“俺たち”を凌駕するほどのパワーを持つカーネイジを前に、エディとヴェノムはどう立ち向かっていくのか。そして、登場する2人の女性アンとシュリークは物語にどう関わっていくのだろうか?

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は12月3日(金)より全国にて公開。



(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ 2021年12月3日より全国にて公開
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

関連リンク

  • 9/21 17:50
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます