グリーンカレーも欧風カレーも! 「カレー専用米」でもっとおいしく食べる

拡大画像を見る

こんにちは。シティリビング編集部のアスミコです。

カレーをおいしく食べるために、お米にもこだわりたい! そんなカレーマニアの心をくすぐる京都八代目儀兵衛の「カレー専門米」を試してみました。

米が主役の大人のカレー!


名だたる名店からの信頼も厚い京都の老舗米屋である八代目儀兵衛が、どんなカレールーにもあう極上の「カレー専用米」を開発。8月にオンライン販売が始まっています。

気軽に外食しづらい今、レトルトでも手作りでも、おうちカレーをもっと楽しんでほしいという思いをきっかけに誕生したそうです。

今回は、大人のカレー2個×2種、カレー専用米2合×2種、おてがる赤飯米が詰合せされた「大人のカレーセット」を試しました。

お米は、こだわりの目利き・精米・ブレンドが施された「カレー専門米 白」と、スーパー玄米「金のいぶき」から厳選した「カレー専用玄米 金」が各2合ずつ。

米屋視点で作った、お米が主役になる「大人のカレー」は、京の七味と5種のスパイスが香る「大人の欧風カレー」と、西京味噌と4種のスパイスでまとめた「大人のグリーンカレー」の2種が2袋ずつ。

お米とカレーはそれぞれ単品での購入も可能です。

セットにはさらに、「カレー専門米 白」に混ぜるだけで簡単にカレー専用雑穀米ができる「お手軽赤飯米」と、炊き方のコツを記したリーフレットが入っています。

玄米の香ばしさとスパイス香るグリーンカレー


まずは、「カレー専門玄米 金」と、「大人のグリーンカレー」を合わせてみました。


玄米を家で炊いたことがなかったのですが、同梱の「おいしい炊き方」に沿っていけば簡単。白米モードで簡単に炊けました。洗いすぎないことがコツのようです。

玄米だけで食べてみるとプチプチの食感で、かみしめるほどにじんわり甘みも感じて単体でもおいしいです。

グリーンカレーには国産地鶏の手羽元がごろり。スプーンでほろりと骨からはがれる柔らかさです。シャキシャキしたタケノコの千切りがたっぷり。

最初は隠し味の西京味噌の甘みがほんわりくるのですが、すぐにスパイシー! じわじわカライ!

玄米のプチプチ食感と香ばしさと合わさって、マイルドな味わいになります。エスニック全開のグリーンカレーとはまた違った、和風なグリーンカレーです。 

スパイシーでクセになる欧風カレー


続いて、「カレー専門玄米 白」に赤飯米を混ぜて炊いたものと、「大人の欧風カレー」を合わせてみました。


白米に混ぜて炊くだけなので簡単。もちっとした炊きあがりになりました。

豆の存在感ともちもちの食感に、無類の赤飯好きとしては、単体でもごま塩をかけて食べたいくらいのおいしさです。

欧風カレーには国産黒毛和牛の塊がごろり。レトルトとは思えません!

ソテーオニオンとリンゴピューレが入っているようで、こちらも最初は野菜の甘みを感じるのですが、すぐにスパイスがやってきます。じわじわしびれる! 祇園味幸の「祇園七味」が隠し味。体感では、グリーンカレーよりスパイシーさを感じました。

カレールーはドロッとしていて、もっちりとした赤飯によく合います。お米の甘みとカレーのスパイシーさで手が止まらない!

赤飯が気に入ったので、グリーンカレーもかけてみました。

玄米のときとはまた違った味わいに! 赤飯のモチモチとさらっとしたグリーンカレーがマッチします。より和風を感じる味わいになりました。

お米もカレーもどちらもおいしく、みんなが主役になれるカレー。こんなに本格的なカレーがおうちで味わえるとは、ありがたさを感じました。カレー好き、スパイス好きはチェック必須です!

■八代目儀兵衛 https://komento.jp/

関連リンク

  • 9/21 11:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます