“細巨乳” 咲村良子、セクシーランジェリーでDVDアピール「開脚シーン多めです」

拡大画像を見る

現在4人の正規メンバーと、2人の練習生 計6人で活動中のアイドルグループ「CLIPCLIP」のシルバー担当 咲村良子。彼女の加入は2016年だが、2013年には竹書房の老舗人気シリーズ『ピュア・スマイル』でグラビアDVDデビューを果たしている。


165cmの高身長に、上から90cm-58cm-88cmという理想的なメリハリボディは“細巨乳”と羨望の長脚、女性らしい縦筋が2本入る腹筋も魅力的。ボーイッシュな雰囲気が実にカッコいいグラドルで、気さくで人懐っこい性格も人気の要因なのだが、スイッチが入った時にみせる悩ましいエロい視線も特筆すべきチャームポイントだ。そんな咲村の1年ぶりとなる8thDVD『Bloomin'』(ハピネット)がリリースされ、記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


何時会っても満面の笑顔をみせてくれる咲村を見ていると自ずと元気が湧いてくるが、今回も変わらぬ笑顔を見せながら囲み取材に登壇。こちらもいつ見てもため息が出るほど素敵な脚、柔らかそうなバスト、鍛えられたくびれラインと、見どころ満載だ。今回は高級ランジェリーを纏って颯爽と記者陣の前に現れた。「私、DVDのイベントはいつも大事にしていて、必ず新しいものを持ってくるんですが、今回特に張り込みまして、ravijour(ラヴィジュール)という下着ブランドさんの一番良いやつ買ってきました(笑)。店員のおねえさんに“何かお探しですか?”って聞かれて、“布が少なめで紐が多めなものをお願いします!”って言いました。へへへへ。お値段モリモリでーす!水着はもうたくさん見たと思うのでね」と、サービス精神MAXのありがたき女神の言葉にファンもシビれるであろう。


今作は咲村良子本人として登場。「アイドルのファンの方もグラビアのファンの方も、私が大好きなみなさんが観ていただけるように、私とファンのみなさんがたまたま出会っちゃって、仲良くなっちゃっていろいろ楽しいことがあるってストーリーになってます」と、ファン垂涎の一枚となっている。定番のビーチシーンは白ビキニから始まり、前回好評だったという、"薄目にすると裸っぽい”スケスケV字の変形衣装も再登場、「ねっとり撮っている」らしいのでオススメしたい。さらに「ビジューのニップレスのシーンも頑張って撮りました。かなり動いてて、かなり揺れているので是非是非ゆっくり観ていただきたいです」とアピール。


恥ずかしいのではと思われるシーンも「割とノリノリでやっちゃうんです」と笑う咲村だが、逆に可愛い格好のほうが恥ずかしいそうで、「ピンク系のチュニックみたいなの着てるシーンなんですけど、これすごい可愛くてですね、照れちゃいました。あと久しぶりに着たセーラー服ですね。大部テンション上がりましたけどちょっと恥ずかしかったです」と頬を赤らめたが、「今回開脚シーンを多く入れたので、大人っぽく仕上がってると思います。お風呂のシーンでは定番の眼帯ビキニからの泡ブラにも初挑戦してます。おしりが“ちゅるん”と見えてるので可愛いと思います♡」と、大胆なポーズもしっかり収められていると言う。咲村の軟体ぶりはグラビアファンにはお馴染みだが、学生時代に体操部で鍛え抜いたなどの経験がなく、グラビアを始めてから軟体に仕上げていったと言い、「作品ごとにカラダ柔らかくなってきてます。今はもう雑技団レベルです(笑)。今回も新作繰り出してます」と胸を張った。


一番のお気に入りを聞かれ、迷った挙げ句王道のビーチのシーンを選んだ咲村、「今回のストーリーも私がグラビアアイドルとしてみなさんに出会う設定になっているので、このシーンのある意味がとても大きいと思います。この撮影、デビューDVDの時を思い出してちょっと懐かしかったです」と振り返った。


CLIPCLIPの咲村としては、10月17日に秋葉原ZESTで生誕祭ライブが開催される。グラビアアイドルとしても、その絶品プロポーションを武器に大いに暴れていただきたい。





関連リンク

  • 9/21 7:31
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます