「ラブラブカップルのLINE♡」喧嘩しないために覚えておきたい注意点とは?

拡大画像を見る

付き合っている人とは、メールや電話ではなくLINEで連絡を取る機会が最も多いのではないでしょうか。テンポ良くやりとりができて気軽に使えるのがLINEのメリットですが、一方で気軽すぎるからこそ相手との喧嘩の原因になってしまうこともあります。
では、LINEでのやりとりの際に喧嘩をしないためには、どのような点に注意しておくべきなのでしょうか。


既読スルー・未読スルーを気にしすぎない

他のSNSとLINEとの大きな違いは、既読か未読かが分かることです。そのため相手が既読のままで大切な用事をスルーしていると、どうしてもイライラしてしまうという人もいるでしょう。
しかし、そこで文句を言うのは厳禁です。相手はたまたまポケットの中でLINE画面が開いただけかもしれません。それなのに急に喧嘩腰で怒られると相手も嫌な気分になるでしょう。
既読や未読でスルーされても気にしすぎず「忙しいかな?」と考える心の余裕を持つのがおすすめです。


たまには通話もする

短文で楽しくやりとりができるのもLINEのメリットですが、やりとりが早くなってしまうため自然と誤解も生まれやすくなります。相手の言葉にモヤモヤしてしまい、それが蓄積して喧嘩になることもあるでしょう。
そういう誤解やすれ違いを避けるためには、たまには通話をすることも重要です。何気ない話でも、文字ではなく相手の声を聞きながらやりとりをすることで、相手のことをより愛しく思えますよ。


LINEを義務にしない

もう一つの注意点としては、LINEを義務にしないことです。これはLINEに限らずメールや電話でもそうですが、恋人とのやり取りを義務にすると疲れが溜まってしまいます。
やりとりが苦痛になることで、恋人自体に嫌な感情を抱いてしまう恐れもあるでしょう。そうならないためには「毎日絶対にLINEしよう!」などと約束をしないことが重要です。
LINEはあくまで、幸せに付き合うための補助的なツールだと思いましょう。


せっかくのLINEは楽しんで使おう!

使うことで恋人とのコミュニケーションがとりやすくなるLINEですが、使い方を間違えると喧嘩のもとになってしまいかねません。
せっかくの恋人との幸せな時間に喧嘩しないよう、LINEは楽しんで使うことを意識しましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/21 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます