【海外競馬】ミシュリフはチャンピオンSへ 凱旋門賞には向かわず

拡大画像を見る

 8月21日のインターナショナルS(英G1)でG1・3勝目をあげたミシュリフ(Mishriff、牡4、英・J&T.ゴスデン厩舎)は次走として、10月16日にイギリスのアスコット競馬場で行われるチャンピオンS(3歳上・G1・芝1990m)へ向かう。

 欧州ブックメーカーの前売り発売で有力候補の一角に推されていた、10月3日の凱旋門賞(仏G1)は回避となる。英競馬メディア『Racing Post』が報じた。

 ミシュリフは父Make Believe(その父マクフィ)、母Contradict、母の父Raven's Passという血統。

 3走前のドバイSC(UAEG1)では日本馬クロノジェネシス、ラヴズオンリーユーを破っての勝利を収めた。そのほかにはダートのサウジCや、昨年の仏ダービー(仏G1)も制している。通算成績は13戦7勝。

関連リンク

  • 9/19 18:05
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます