木村拓哉、EXIT・りんたろー。の「免許もないのにハーレー購入」常軌を逸した“キムタク激愛”に絶句

拡大画像を見る

 9月15日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に、木村拓哉(48)がゲスト出演した。EXITのりんたろー。(35)は、以前から木村の大ファンだと公言しており、さまざまな番組で木村への憧れを語っているが、今回もここぞとばかりに異常なまでの“キムタク愛”を見せつけた。

 今回は「捨てられないもの」をテーマに、木村、りんたろー。MCの明石家さんま(66)、ブラックマヨネーズ、EXITの兼近大樹(30)らが「どうしても捨てられないもの」について語った。

 りんたろー。は「私が捨てられないものはキムタクです」と、「拓哉さんが愛用したブランドとか」と木村がドラマやテレビで着ていたのをまねして買ったシャツなどを次々に取り出した。木村は「それさ、普通その会話って俺がいないとこでするやつじゃない」と苦笑いしたが、りんたろー。は「拓哉さん、見ててください」とテンションアップ。

 りんたろー。は「歯止め効かなくなってきて」「僕免許持ってないんですけど、このあいだ木村さんの乗ってるハーレー買っちゃったんです」と告白。兼近も「ただただまたがりてぇってだけで」と、相方の常軌を逸した木村愛を明かした。

 りんたろー。が披露した異常な“キムタク愛”に、「ガチ木村担」「りんたろー。完全にオタクで草」「愛がダダ漏れ」「キムタクちょっと引いてるじゃん」「りんたろー。さん目がずっとハート」「せめて免許取ろう」など、視聴者からも驚きの声が上がった。

■木村「いいオンナ捕まえた」にニヤリ

 そして木村が持参したのは、カウボーイハット。穴も空いていてかなり古いもので、木村は「これ自分が22のときに、実際にアメリカのほうにいって、牧場にしばらくお邪魔して、そこで生活してきたんですけど」「そのときに向こうのカウボーイからいただいたんですよ」と説明。さらにそのときもらったという投げ縄も持参。日本へ帰る際、「この投げ縄でいいオンナ捕まえろって」と、プレゼントされたものだと語った。

 このエピソードに、さんまは「いいオンナ捕まえたしなぁ、ほいで!」と、妻の工藤静香(51)の存在をほのめかすと、木村は投げ縄を掲げ、誇らしげな表情を浮かべた。

 りんたろー。のみならず、多くの芸能人から憧れられている木村。今回出演していたブラマヨの小杉竜一(48)も木村の大ファンで、木村のカウボーイハットを見て「歴史上の帽子出てきた!」と感動の声を上げていた。

 芸能界には木村のファンは多く、現在公開中の映画『東京リベンジャーズ』で主演を務めた北村匠海(23)も木村のファン。今年1月に『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演した際、「木村拓哉憧れ世代」だと告白。他にも後輩であるSnow Manの渡辺翔太(28)は、4月28日発売の『週刊ザテレビジョン』(KADOKAWA)のインタビューで、子どもの頃に聞かれた「なりたい職業」の欄に「木村拓哉」と書いたと明かしていた。

 令和になっても、木村のカリスマ性はいまだ健在のようだ。

関連リンク

  • 9/19 10:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます