リヴァプールがパレス下して2連勝!…マネが通算100点目、サラーは4戦連発

拡大画像を見る

 プレミアリーグ第5節が18日に行われ、リヴァプールとクリスタル・パレスが対戦した。リヴァプールのMF南野拓実に出番は訪れなかった。

 クリスタル・パレスは2分にリヴァプールのゴールを脅かす。コナー・ギャラガーの浮き球にウィルフレッド・ザハが反応。トラップが大きくなって収められなかったが、ボールはゴール方向へと向かう。相手GKアリソンが手を伸ばして処理すると、ボールは右のポストに当たって枠を外れた。

 その後は一方的にリヴァプールが押し込む展開となり、ホームチームは43分に待望の先制点を獲得する。左コーナーキックからコスタス・ツィミカスがアウトスイングのボールを供給すると、モハメド・サラーがファーから飛び込みマークを外して頭で合わせる。これは相手GKにセーブされたが、こぼれ球をサディオ・マネが押し込んだ。

 マネはリヴァプールでの公式戦通算100ゴールに到達。また、対クリスタル・パレスのリーグ戦は9試合連続の得点となり、同一の相手からの連続得点でイングランド1部リーグの記録を更新した。

 追いかける展開となったクリスタル・パレスは72分、ジョエル・ウォードのアーリークロスをゴール前のオドソンヌ・エドゥアールが収めるが、シュートを放つ前に相手GKアリソンに処理される。

 すると78分、リヴァプールが待望の追加点を獲得する。左コーナーキックからツィミカスがアウトスイングのボールを供給すると、中央で競り勝ったフィルジル・ファン・ダイクが触ってボールはゴール前にこぼれる。これに反応したサラーが左足で豪快に押し込みネットを揺らした。ミッドウィークのチャンピオンズリーグ・ミラン戦でも得点を挙げていたサラーは、公式戦4試合連続ゴールとなった。

 リヴァプールは89分、再びコーナーキックからダメ押しの3点目を獲得する。右コーナーキックからサラーが浮き球を供給すると、相手GKビセンテ・グアイタにパンチングで弾かれる。こぼれ球に反応したナビ・ケイタは左足ダイレクトボレーでゴール右に突き刺した。

 試合はこのまま終了し、リヴァプールは2連勝で4勝1分。クリスタル・パレスは開幕節以来の黒星で1勝2分2敗となった。次節はカラバオ・カップ3回戦を挟んで行われ、リヴァプールは25日にアウェイでブレントフォードと、クリスタル・パレスは27日にホームでブライトンと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 3-0 クリスタル・パレス

【得点者】
1-0 43分 サディオ・マネ(リヴァプール)
2-0 78分 モハメド・サラー(リヴァプール)
3-0 89分 ナビ・ケイタ(リヴァプール)

関連リンク

  • 9/19 0:51
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます