無色透明で誰かの色に染まる。石井玄の仕事の向き合い方とは?

拡大画像を見る

「オードリーのオールナイトニッポン」「星野源のオールナイトニッポン」「佐久間宣行のオールナイトニッポン0」など、多くのラジオ番組にディレクターとして携わってきた元オールナイトニッポンのチーフディレクターの石井玄さん。

そんな石井さんが初のエッセイ『アフタートーク』(石井玄著、KADOKAWA刊)を出版した。
本書はディレクター時代、今のイベントプロデューサーの仕事の話、ラジオを好きになった学生時代や家族の話、石井さんと共に仕事をした仲間たちとの対談など、盛りだくさんの内容となっている。

ニッポン放送の深夜枠(毎週月曜~土曜日深夜1時~3時)の「オールナイトニッポン」は、ラジオをあまり知らない人でもそのワードを聞いたことがあるのではないだろうか。過去にはビートたけしさんやとんねるず、現在では、オードリーや星野源さんが「オールナイトニッポン」のパーソナリティを担当している。

そんな「オールナイトニッポン」のチーフディレクターに就任したのは、石井さんが32歳のとき。若くしてニッポン放送の伝統ある番組のチーフディレクターを務めることになったわけだが、「ぼくには才能がない」と、本書の本文1行目に綴っている。

AD時代にさまざまなディレクターの下でラジオの仕事を経験し、面白い企画を次々に生む人、音楽センスに優れている人、信頼される人柄でチームをまとめ、楽しく番組を作れる人など、何かに秀でている才能あるディレクターを見てきたという。

人に誇れることは「ラジオが好き」という一点で、天才ではない。そんな自分にできることは何か。模索した結果が「全部やる」ことだったという。

得意なことがなければ、クリエイティブ、編集、音楽、面白さ、アイデアといったラジオディレクターに必要な全能力を上げればいい。突出した能力がないので、どの能力も平均的に伸びていく。
苦手なものはないが、得意なものはないという能力を身につけた石井さんは、ラジオディレクターとして重宝されるようになる。どんな番組でも平均点を出せるからだ。
そんなディレクターのタイプを石井さん自身「無色透明型」と呼んでいる。無色だから、周りの優秀な人たちの色に染まることができる。

何もできない。けど、全部できる。ディレクターの石井さんが無色透明だからこそ、誰かの色に染まることができ、担当した番組それぞれの個性を引き出すことができたのだ。「才能がない」「個性がない」という悩みを持っている人は多いのではないだろうか。そんな人は「全部やる」ことで、無色透明型を目指してみるのもいいかもしれない。

現在、石井さんはラジオのディレクター時代の経験を活かし、ニッポン放送エンターテインメント開発部のプロデューサーとして、番組関連のイベント開催やグッズ制作などに携わり、今もラジオ業界を盛り上げている。

10年にわたり、ラジオのディレクターとして、今までひた隠しにしてきた石井さんの仕事への「熱さ」を思う存分書いた、という本書。ラジオのリスナーはもちろん、ラジオを知らない人にも響く一冊だ。

(T・N/新刊JP編集部)

関連リンク

  • 9/18 18:00
  • 新刊JP

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます