追いつかれてドロー…レスター指揮官がナポリ戦振り返り「エキサイティングな試合だった」

拡大画像を見る

 レスターのブレンダン・ロジャーズ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)のナポリ戦を振り返りコメントした。

 レスターは16日、ELグループステージ第1節でナポリと対戦。幸先よく2点のリードを奪ったものの、後半、ヴィクター・オシムヘンに2得点を許し2-2の引き分けで試合を終えた。

 試合後ロジャーズ監督はクラブメディアで「エキサイティングな試合だったよ」と語り、次のように振り返った。

「勝利できなかったことには失望している。経験豊富なチームを相手に優位に立っていたのに最後までやり遂げることができなかった。この試合から学ばなければならないね」

「終わってから選手たちとも話したけれど、この試合には良い点がたくさんあった。でももっとボールをキープしなければならない。ボールを保持できず、チェイスを続けていると、少しずつ疲れがたまってきてしまう」

 また、2ゴールの相手エース、オシムヘンについて「彼のクオリティの高さが分かったよ」と称賛。「優位になったにもかかわらず勝てなかったから、これからは負けないようにしなければならない。この勝ち点は我々のスタートだ。これから9、10ポイントを取りに行くよ」と試合を総括している。

関連リンク

  • 9/17 13:33
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます