即レスしたほうが良い女の子からのLINEメッセージ9パターン

恋愛関係の発展を期待する女子は、男性とのフィーリングや相性を確かめるため、LINEメッセージで反応を見極めようとする場合があります。この手のコールは一見それとはわからないものの、すぐにレスポンスしないと恋心が冷めてしまうのが厄介なところ。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「即レスしたほうが良い女の子からのLINEメッセージ9パターン」をご紹介します。

【1】遊びやご飯に行きたいなとほのめかす「お誘いメッセージ」
「『俺も行きたい』と反応があれば、かなり好感触だと判断します」(20代女性)というように、デートに連れ出してほしいと遠回しに訴えるパターンです。「別に誘ったわけじゃないよ」とわざわざ書き添える女子もいますが、逆手に取って「素直になれよ!」と茶化すのもありでしょう。

【2】「最悪!」「うわーん!」で始まる日常の「落ち込みメッセージ」
「『なになに?』と興味を持ってほしい」(10代女性)というように、とにかく話を聞いてもらいたがるパターンです。この手の話は、「共感してもらうこと」だけが目的だったりするので、実用的なアドバイスよりも「どうしたの?」と聞き返すことが先決でしょう。

【3】「おーい」などの「呼びかけメッセージ」
「呼んだらすぐ返事があると、心が通じてるみたいで嬉しい」(10代女性)というように、「二人の運命」を簡易テストするパターンです。単純に寂しかったり、暇だっただけの可能性もあるので、まずは「なんだー?」と返事すると良いでしょう。

【4】新しい髪型や洋服などの「写真付きメッセージ」
「新しいファッションは不安なので、とにかく褒めてほしい」(20代女性)というように、写真で男性の反応をうかがうパターンです。やや乱暴ですが、コメントに困ったらとりあえず「いいじゃん!」と返しておくのが無難でしょう。

【5】「ひまー」というかまってほしい「前フリメッセージ」
「本当はからみたいだけなんですけど」(10代女性)というように、きっかけ作りとして暇つぶしを装うパターンです。「俺もー」だとつまらない男に見えてしまい、「じゃあ、デートしよー」では早急すぎるので、相手がクスッと笑えるような一言を用意したいところです。

【6】言いたいことはないけど相手をしてほしい「スタンプだけメッセージ」
「言葉がなくてもスタンプをやりとりしてるだけで繋がってる感じがする」(10代女性)というように、スタンプで軽いジャブを繰り出し、相手の出方を見るパターンです。まずはたっぷりスタンプの応酬を楽しんでから、「で、何?w」と本題に入ると良いでしょう。

【7】素早く突っ込んでほしい「ボケメッセージ」
「こっちがボケてるのに、素で返したり、反応が遅かったりすると冷める」(10代女性)というように、絶妙なツッコミを期待しているパターンです。すぐに返事ができなかったら、あとから「ごめん、もらい事故が怖くて放置した(笑)」と既読スルーの真意を説明すると良いでしょう。

【8】地震や雷が怖いので慰めてほしい「不安メッセージ」
「とっさに『一番守ってほしい人』に連絡しちゃうのは女の本能です」(20代女性)というように、身の危険を理由に構ってもらおうとするパターンです。通知を見逃したまま数時間が経過してしまったときは、うっかり「寝てた」などと返信して地雷を踏まないよう気を付けましょう。

【9】「おはよう」「おやすみ」などの「あいさつメッセージ」
「今日は何にもかまってくれなかったね!という皮肉のつもりで送ることも(笑)」(20代女性)というように、唐突に見えるあいさつで反応を確かめるパターンです。少し間が空いたときのきっかけとして送る場合もあるので、即座に返事するようにしましょう。

ともあれ大切なのは素早い反応と、あいづち、共感です。好きな女の子に対しては24時間営業のつもりで臨みましょう。(熊山 准) 【調査概要】 期間:2014年6月3日から5日まで 対象:合計500名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/16 15:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます