効果音はむらさきひろふみ氏! レトロゲーム風タイトル『焔龍聖拳シャオメイ』Switch版が2021年発売決定

拡大画像を見る

2019年にPC向けゲームとして発表され人気を博したタイトル『焔龍聖拳シャオメイ』のNintendo Switch版発売が決定した。Nintendo Switch版は新要素が追加されるとのこと。発売時期は2021年が予定されている。

16BITの息吹を感じさせるレトロカンフーアクション『焔龍聖拳シャオメイ』

同作はスーパーファミコンやメガドライブといった16BITゲーム機(とその前の機種)辺りの世代向けのゲームをコンセプトとして制作されている。このため、ビジュアルはあえて色数や解像度を制限したドット絵で表現。

また、BGMもFM音源風。それだけでなく、BGMを担当しているのは「暴れん坊天狗」「源平討魔伝」「サンダーセプター」「超絶倫人ベラボーマン」など名だたるタイトルを手がけた元ナムコのレジェンドコンポーザー中潟憲雄氏。16BITゲームを経験した世代なら懐かしさを、現世代なら新しさを感じずにはいられない一本だ。

効果音はむらさきひろふみ氏が担当! 気になる新要素は

Nintendo Switch版では、操作システムがブラッシュアップ。ジャンプ+キック+パンチ+奥義という基本的な簡単操作に加えて、奥義がボタン一つで出せるようになったり、空中での追加技が増えたりしている。また、FM音源風のさらなる追求として、効果音は「ああ播磨灘」「ザ・スーパー忍II」「クロックワークナイト ペパルーチョの大冒険」などを手がけたむらさきひろふみ氏が担当。また、BGMも中潟憲雄氏による楽曲がさらに追加されているという。

焔龍聖拳シャオメイ| 株式会社ピクセル:
https://pixel-co.com/xiao/[リンク]

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

関連リンク

  • 9/16 11:40
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます