『Qアノンの正体』トランプを崇拝し“トム・ハンクスは小児性愛者”を本気で信じる集団の真相にせまった傑作HBOドラマ

拡大画像を見る

 2021年2月末にアメリカ、オークランドで講演を行った前大統領ドナルド・トランプは、24年に行われる大統領選への再出馬をほのめかし、6月の共和党集会でも出馬の可能性に含みを残した。

 トランプは20年の大統領選で不正があったと主張し「でっちあげ」「世紀の犯罪」と今も、虚言を繰り返している。

 トランプを支持する(一部の)層は彼が世界を支配する秘密結社ディープ・ステート(影の政府)と戦う正義の戦士であると信じている。彼らはQアノンと呼ばれSNS上で集い、日夜世界を破滅させようとする悪魔たちの陰謀を暴くために戦う。これはライトノベルや深夜アニメの話ではない。現実世界で起きている話なのだ。

 HBOが製作したQアノンについてのドキュメンタリー『Qアノンの正体 / Q: INTO THE STORM』は、『俺たちニュースキャスター』(2004)『マネー・ショート/華麗なる大逆転』(15)などで知られるアダム・マッケイが製作。ドキュメンタリー映像作家のカレン・ホーバックが監督、陰謀論集団Qアノンの実態に迫り、匿名投稿者「Q」の正体を暴こうとする。

 Qは17年10月に画像掲示板4chan(日本の2ちゃんねるの姉妹版)に登場する。

「嵐の前の静けさ」というスレッドタイトルの投稿は、当時大統領だったトランプが首脳会議について「嵐の前の静けさ」だと表現したことの引用にすぎなかった。だが、こういった「思わせぶり」な投稿の数々に影響された人々は、トランプ本人、陣営とQは密接な関係で彼らは世界の支配者層と戦っており、大手マスメディアでは流せない真実を発信しているのだと。例えばセレブの多くは小児性愛者であり、ヒラリー・クリントンやトム・ハンクスは子供をレイプして、血を飲んで若返りを図っている、というものだ。

……という冗談にしてもキッツイ話をQアノンたちは本気で信じている。

 これらの陰謀論はSNSや4chanの投稿から広まった。ヒラリーの選挙対策責任者だったジョン・ポデスタの私的なメールがウィキリークスによって暴かれ、その中にピザに関する会話が何度も出ることから(単にデリバリーを頼んだだけでは?)「ピザとは子供を指す暗号で、チーズピザの略がCPだからチャイルド・ポルノのことだ!」ってこじつけだよ!

 ワシントンD.C.のピザ店コメット・ピンポンの地下で秘密の儀式が行われているとされ、ピザゲートという言葉が拡散される。

 この投稿を観たニュース番組記者のジャック・ポソビエックは真相を確かめようと、コメット・ピンポンに突撃するライブ配信を始めるが、あえなく店から追い出される。

 彼はピザゲートを信じていたわけではなく、デタラメであることを証明するために配信を行ったが、陰謀論で頭の中がパンパンになってる人は「追い出されたのはピザゲートが真実だからだ」と思うようになり、ある人物はコメット・ピンポンを銃撃!) した。「被害に遭っている子供を救えば、英雄になれると思った」という動機で。

 ポソビエックは「私は陰謀論を信じている人をからかったが、まさかネット民のIQが標準以下だとは知らなかった」と語る。そんなズバリ言わなくても。

 Qがトリップ(個人を識別するための暗号)をつけて投稿する文章に秘められた謎(とQアノンらが思い込んでいる)を解く、QブロガーやQチューバ―が現れ「こういう意味なのでは?」という分析がさらに拡散される。Qアノンらの分析の中でも秀逸なものを集めた、まとめサイトを管理する人間が現れるが、彼らはまともな仕事についているようには見えない。要するにサイトやYouTubeの広告収入が目当てなのだ。

 QとQアノンは日時を指定し大事件の発生や、「嵐が起きる日にはディープステートの犯罪者たちが一斉に検挙される」などを予言したが、ほとんどの予言は外れ何も起きなかった。

 彼らの陰謀論が聞くに堪えないのは、オチがまったくないから。

 筆者は陰謀論映画(というジャンルが存在する)が大好きでよく見るのだが、決して陰謀論を信じているのではなく、それらの映画にはきちんとオチがついているからだ。

 有人火星探査船カプリコン1号が打ち上げられるが、直前に不具合が発見され計画は中止せざるをえなくなった。だが、中止になればNASAの予算が削減されてしまうことから、政府は無事宇宙船打ち上げを成功させたと「やらせ」を企むことになる……という映画『カプリコン・1』は捏造のため無人の宇宙船を打ち上げるが、地球に帰ってきた宇宙船は事故で破壊。政府は事故まで隠すことができず、計画の失敗を公表。やらせを演じるはずだった3人の宇宙飛行士は、秘密保持のため命を狙われる。

 この話は人類で初めて月に着陸したアポロ11号が本当は月に行っておらず、公開された映像は、スタンリー・キューブリックによってつくられた……という有名な陰謀論がモチーフになっている。宇宙飛行士のひとりがO・J・シンプソンで、彼が政府の追撃から逃げ回るのだがシンプソンはその後、妻とその愛人を殺して逃げる彼を追跡する警察とカーチェイスをやらかしていたのを見た多くのアメリカ人が『カプリコン・1』を思い返したという……。

 タクシー運転手を演じるメル・ギブソンは乗ってきた客に自分が製作・編集している陰謀論新聞の記事を聞かせてうっとうしがられている。だが、彼の正体はCIAによって行われた洗脳研究の被験者だった! ……というトンデモにもほどがある『陰謀のセオリー』も、ストーリーは荒唐無稽だが、物語の背景にある洗脳の研究「MKウルトラ計画」は、CIAが実際にやっていた人体実験であった。

 そのMKウルトラ計画がテーマの映画はほかにもある。『エージェント・ウルトラ』はダメなバイト店員のマイク(ジェシー・アイゼンバーグ)が実は、MKウルトラ計画によって誕生したスーパー・エージェントだったという話。

 CIAは前科のある若者を使って洗脳を行い、スーパー・エージェントを誕生させるが被験者が全員、精神を病んでしまったため計画は中止。マイクは記憶を消され、「ダメなドラッグ中毒のバイト店員」という「設定」を与えられ、記憶が戻らないようにCIAによって生活を24時間365日監視されていた。マイクは愛する恋人のためにCIAと対決、過去を清算しようとする。

 これらの陰謀論映画は荒唐無稽な話から始まり、きれいなオチをつけてくれる。Qアノンみたいに「予定は変更になりました」とか「証拠はオレのつくったサイトにアクセスしてくれ!」なんて言わない。彼らはトランプが選挙で負けると民主主義の結果を受け入れれず連邦議会襲撃事件を起こした。最後は暴力ってこと? まったく笑えない。

 オチてないギャグを聞かされてるぐらいつまらないものはない。Qアノンからしたらギャグじゃないっていうかもしれないけど、ピザ屋の地下で子供の血を吸ってるってギャグでしかありえないよ!

 Qアノンは「真相は隠されているのだ」というけど、隠されている真相が誰でもアクセスできる匿名掲示板に書かれていたり、無職のまとめサイト管理人にでも知ることができるのなら、全然「隠されて」ないんだけど!

  • 9/13 8:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます