「今日何してた?」と知りたがる彼女への地雷回答9パターン

恋人と会わずに過ごした日、彼女に「何をしていたの?」と聞かれることがあると思います。そんなときの何気ない返事で、彼女を傷つけたりイラッとさせることもあるようです。そこで、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に、「彼氏に『今日何をしていたの?』と聞いたとき、イラッとくる返事9パターン」を紹介します。

【1】ぜんぜん答えになっていない「別に…」
「それで会話が終わる。私と話したくないの?」(20代女性)など、そっけない返事に対して、自分に無関心なのかと思う女性が多いようです。特に言うことがない場合でも、「家で休んでいたけど、君は?」と聞き返すなど、会話を広げるようにしてはどうでしょうか。

【2】具体的なことを言ってほしいのに「んー、いろいろ」
「その『いろいろ』を聞いているのに…」(20代女性)など、一言で片づけられることで寂しく感じる女性は多いようです。すべて答えるのが面倒ならば、ひとつだけでも具体的にその日にしたことを伝えれば、彼女も満足してくれるのではないでしょうか。

【3】身もふたもない「仕事だけど」
「仕事と言えば済むだろうと思っているのがイヤ」(20代女性)のように、適当にあしらおうとする姿勢に、多くの女性は不快になるようです。本当に仕事だけの一日だとしても、仕事の内容を少し話すなど、彼女と会話する姿勢を見せましょう。ただ、愚痴にならないよう注意が必要です。

【4】冗談だとわかっても、いい気分はしない「女の子とデート」
「そういう冗談で笑う女はいない」(30代女性)など、自分以外の女性の存在を感じさせる言葉は、仮にジョークであっても受け入れられることはないようです。彼女との信頼関係があるからこその発言なのはわかりますが、やめたほうがいいでしょう。

【5】冷たく突き放されたように感じる「お前には関係ない」
「付き合ってるんだから、関係なくはないよね…」(20代女性)と、彼氏との間に距離を感じてしまう女性は多いようです。もし彼女にとって興味がなさそうなことだと思っても、ていねいに話してあげれば、「知らないことだから新鮮!」と逆に彼女を喜ばせることができるかもしれません。

【6】女性の会いたい気持ちを考えていない「暇すぎてゴロゴロしてた」
「暇なら『会おうよ』ぐらいは言ってほしい」(20代女性)など、いつも彼氏に会いたい気持ちでいる女性にとっては、「暇」という言葉はいいイメージにならないようです。「最近睡眠不足だったから寝ていた」など、オブラートに包んだ表現をしたほうが無難でしょう。

【7】現実味がなさすぎてかえって腹が立つ「ずっとお前のことを考えていた」
「本当だったらそれはそれで気持ち悪い」(30代女性)と、白々しい発言に対しては、いくら好意を伝える言葉でも、女性はあまり喜ばないようです。せめて、「今度のデートでどこに行こうか考えていた」程度にとどめておいてはいかがでしょうか。

【8】質問に対して質問で答える「なんでそんなこと聞くの?」
「聞くなと言われているみたい」(20代女性)のように、何気ない一言が彼女を疑心暗鬼にさせることもあるようです。会えない時に彼氏が何をしていたのか気になるのが乙女心。いらぬ不安を与えたくなければ、何かしら返事をしてあげるのが誠意だと心得ましょう。

【9】どうせなら前もって報告してほしい「女友達と遊んでいた」
「いい気持ちになるわけないのに、なぜそれを後から言うの?」(20代女性)など、女性の気持ちを考えない発言に傷つくようです。女友達と遊ぶときには事前に彼女に伝えるか、それができなかった場合は正直には言わず、「会社の同僚と遊んだ」などとごまかすべきかもしれません。

ほかにはどんな一言が、彼女をイラッとさせてしまうのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(鼠入昌史/Office Ti+)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/12 11:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます