【ネタバレ有】映画『僕の初恋を君に捧ぐ』のあらすじ、キャスト紹介!逞は最後どうなった?

拡大画像を見る

2009年に公開された映画、『僕の初恋を君に捧ぐ』は、20歳まで生きられないとされた男の子と、そんな男の子に恋をしてしまった女の子の物語です。この記事では映画のネタバレやあらすじを紹介しています。

幼い二人がした叶う見込みはない最低の約束

垣野内逞(かきのうちたくま)は心臓に抱えた病のせいで、20歳まで生きることができないと医師に余命宣告されました。
入院生活を送る逞は、いつのまにか担当医の娘、種田繭(たねだまゆ)と仲良くなります。ある日、繭も逞が20歳まで生きられないと知ります。
逞の病気を治してもらうために四葉のクローバーを探します。逞は繭に何のお願いするかと聞かれ、将来繭と結婚をすると答えました。

繭から逃げるように進学する逞だったが…

物語は進み、二人は中学校最後の学年へ。いろいろなことが起こる日々を過ごしつつも、未だに二人はラブラブな時間をすごしていました。
しかし、逞はいつも自分のせいで繭が泣いて過ごしていると思っていました。逞は繭と離れるべく、全寮制の学校へ進学することを決意します。繭の学力では到底入学することのできないレベルの学校です。
逞は無事合格し、卒業式を迎えます。繭は逞の進学先を逞の母親から聞いて知っていたため、逞に黙ってこっそりと受験をし、合格します。
高校の入学式で逞が目にしたのは、新入生代表として登壇する繭の姿でした。

新たな恋敵の出現、二人の関係は…

高校生になっても変わらない関係を続けていた二人でしたが、繭は気づけば学年の人気者になっていました。そんな繭に学年のアイドル鈴谷昂(すずやこう)がアタックをします。
昂の父親は心臓病でなくなっているため、繭に悲しい思いをさせないように、逞に生きているうちに別れるよう言います。そのまま過ごしていた二人でしたが、ある日逞と繭が診察のため病院を訪れると、かつて逞と入院仲間だった上原照(うえはらてる)と再会を果たします。
その日から逞は学校を抜けだし照のもとへと通い始めました。
照に会いに行ったある日、逞は照からキスを迫られ、断り切れずに受け入れてしまいます。その夜逞が理科準備室で星を眺めていると繭がやって来て、逞は照とキスをしたことを打ち明けます。
繭は怒りますが、逞も逆上してしまい別れ話に発展し、そのまま別れてしまいます。

一緒に闘病してきた友人の死に逞は

後日逞が照のおみまいに行くと、すでに照は亡くなっていました。そこから逞は学校へ戻ります。学校に戻った逞は、昂に100メートル走で昂が勝てば繭を譲るが、逞が勝てば二度と繭に近づくなという内容の勝負を持ちかけます。
心臓に病を抱える逞にとっては危険な内容の勝負でしたが、逞は覚悟をしていました。結果は逞の勝利で終わり、繭とデートへ出かけます。
そして逞と昂の間にも、この勝負がきっかけとなり友情が芽生えるのでした。

命のバトンを受け取った逞の下した決断とは

逞は心臓のドナーが見つかったという連絡を受け、病院へ向かいます。2.3日後に手術を行うことができるので、安静にしておくよう伝えられた逞。
逞の周りはみんな大喜びでしたが、繭は病院の中を歩いているときに、昂が交通事故に遭ってしまい脳死状態だということを知ります。
そして昂の心臓が逞に移植されることを知ってしまいます。複雑な気持ちになりながらも逞と喜ぶ繭でしたが、逞もその事実を知ってしまい、移植手術を拒否します。それと同時に、昂の両親も心臓の提供を拒否しだしてしまいました。

残り少ない命を懸命に生きる逞に胸を打たれる

変わらず学校生活を送っていた逞でしたが、ついに発作を起こしてしまい、緊急搬送されました。なんとか一命をとりとめたものの、残り僅かの命であることは明白でした。
その後、ほどなくして逞は亡くなってしまいます。葬儀も終わり、繭は逞の両親から遺骨を借り、ウエディングドレスを着て逞の遺骨と結婚式を挙げ、物語は幕を閉じます。

キャストを紹介

主要キャスト3名を紹介します

垣野内逞役 岡田将生

TOKYO - MAY 10: Actor Masaki Okada attends the NTT DoCoMo Inc.'s new TV commercial press conference at Grand Hyatt Tokyo on May 10, 2010 in Tokyo, Japan. NTT DoCoMo Inc. releases the new product campaign to promote their mobile phones and services in the commercial. (Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)

東京都出身の1989/8/15生まれ。
第34回 日本アカデミー賞 優秀助演男優賞など、数々の受賞歴をお持ちの俳優さんです。
テレビや映画はもちろん、ラジオや舞台など、とてもたくさんのジャンルで活躍されています。

種田繭役 井上真央

TOKYO - OCTOBER 17: (JAPANESE TABLOIDS OUT) Japanese actress Mao Inoue walks on the green carpet during the 22nd Tokyo International Film Festival Opening Ceremony at Roppongi Hills on October 17, 2009 in Tokyo, Japan. TIFF takes place from October 17 to 25, showing around 270 films during the festival. TIFF consists of 6 categories; Special Screenings, Competition, Winds of Asia-Middle East, Japanese Eye, World Cinema and natural TIFF supported by Toyota. (Photo by Junko Kimura/Getty Images)

神奈川県出身の1987/1/9生まれ。
第10回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 主演女優賞など、数々の受賞歴をお持ちの俳優さんです。
テレビや映画はもちろん、舞台や、声優としても活躍されています。代表作は花より男子。

鈴谷昂役 細田よしひこ

東京都出身の1988/3/4生まれ。
テレビドラマや映画のほかにも、舞台やラジオ、プロモーションビデオなどに出演されている俳優さんです。
ドラマ、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」にも出演されていました。

映画『僕の初恋を君に捧ぐ』まとめ

映画内で最後は亡くなってしまった逞でしたが、繭の逞への思いを忘れることなく強く生きていく決意の感じられるラストシーンに胸を打たれた人も多いのではないでしょうか?
大切な人を失ってしまった悲しみをほかの人との思い出で塗り替えるのではなく、自分が納得いくまで思い続けるのも、一つの形として素敵ですよね
。命の大切さ、はかなさを改めて実感させてくれる人作品になっているので、ぜひ一度ご覧ください!

関連リンク

  • 9/9 14:17
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます