俺を信用して!彼氏に束縛がキツいと思われる過度の要求9パターン

彼氏を愛しているからこそ、「自分のためにしてほしいこと」が誰しもあるもの。とはいえ、たとえそれが愛情表現の裏返しだとしても、求めすぎるのは禁物のようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性293名に聞いたアンケートを参考に「俺を信用して!彼氏に束縛がキツいと思われる過度の要求」をご紹介します。

【1】「1日1回は電話してほしい」と頻繁な連絡を求める
「『付き合ってるなら普通』と言われても、強制されるのは心外」(20代男性)というように、毎日の電話やメールを義務にされた時点で面倒に感じる男性は多いようです。頻繁にコミュニケーションを取り合いたいのなら、とにかくこちらから連絡して、自分のペースに巻き込むようにしてはいかがでしょうか。

【2】「今どこにいるの?写メ送って」といちいち居場所を報告させる
「飲み会の最中とか、何度も催促されてウザいです!」(20代男性)というように、頻繁に報告を求めすぎて、彼氏にウンザリされるパターンです。1日1回くらいならまだしも、ことあるごとにせっつくのは束縛を感じさせてしまうでしょう。

【3】「1時間以内に必ず返信して」と返事を急かす
「『どんなに忙しくても空き時間あるでしょ』って言うけど、大概、急ぐ内容じゃない」(20代男性)というように、素早いレスを求めすぎても煙たがられてしまいそうです。緊急の連絡でないなら、1日くらい待つ余裕がほしいところです。

【4】「なんで既読スルーするの?」とたびたびすねる
「被害妄想が強すぎる子の相手は疲れます」(10代男性)というように、返信がないことで機嫌を損ねるのは、最初のうちはかわいく見えても、次第に面倒だと思われてしまうようです。既読のまま放置されても、「今は返信できないのかも」と落ち着いて捉えるようにしましょう。

【5】「私より先に寝ないで」とLINEに付き合わせる
「『人の睡眠にまで口出すなんてどこのお姫さまだよ!』と思います」(20代男性)というように、自分が布団で意識を失うまで彼氏に付き合わせるのは酷というもの。彼氏のレスが鈍ってきたら、「おやすみ」と切り上げたほうがいいかもしれません。

【6】「今日は何時に家に帰るの?」と帰宅時間を連絡させる
「小学生じゃないんだから、いちいち管理されたくない」(20代男性)というように、いつ家に到着するのか毎日のように聞くのも、彼氏に反感を抱かれる原因になりそうです。「同棲していて夕飯の準備が必要である」など、何かしらの理由がないのならば、あまりしつこくしないほうがいいでしょう。

【7】「ほかの女の人と話さないで」と彼氏を世の女性すべてから遠ざける
「それは無理な相談。普通に生活してたら女を避けて通れません」(10代男性)というように、彼氏の周囲から自分以外の女性を排除しようとするのは、「過度の束縛」と見なされても仕方がなさそうです。彼氏のことが心配でも、「合コンや浮気はやめてね」くらいの表現にとどめておいたほうがよさそうです。

【8】「この人は誰?」とSNSの交友関係を根掘り葉掘り聞く
「200人くらいいるのに、いちいち説明してらんない」(20代男性)というように、リアルの人間関係ならともかく、SNSのつながりにまで口出しするのはやりすぎかもしれません。タイムラインに頻繁に出てくる女性がいるなど、「これは怪しい」と思ったときだけ確認しましょう。

【9】「休みの日はいつも一緒にいようね」と自由時間を与えない
「たまには釣りにいく時間もほしい…」(20代男性)というように、「ずっと二人でいたい」という気持ちが、彼氏を息苦しくさせることもあります。あえて「一人で楽しむ時間」を作ってあげることが、交際を長続きさせるコツになるかもしれません。

放任すればいいというものでもありませんが、彼氏をトコトン信頼するのも愛のカタチなのかもしれません。(外山武史) 【調査概要】 期間:2015年3月14日から21日まで 対象:合計293名(10代、20代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/9 18:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます