「おかえりモネ」サメのキーホルダー欲しい ツイッターで人気出た品を調べたら

拡大画像を見る

NHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」に登場した木製の「サメのキーホルダー」が、視聴者の間で話題になっている。2021年9月7日放送回で、坂口健太郎さん演じる菅波光太朗が、清原果耶さん演じるヒロイン・永浦百音に渡した合鍵に付いていた。

放送後、「私も欲しい!」との書き込みがツイッターに続出。玩具雑貨の企画・製造を手がけるザ・アクセス(東京都墨田区)の「インレイキーホルダー サメ」に視線が向けられた。取材すると、意外な事実が。

残り10個、たちまち売り切れ

ザ・アクセスが販売する「インレイキーホルダー サメ」の画像を見ると、確かにドラマに登場したものと似ている。

J-CASTトレンドが代表取締役社長の清水学さんに取材すると、これはドラマで使われたものとは「全くの別物」だとわかった。見た目が酷似しており、放送を見た視聴者がインターネット検索してこの商品を見つけ、話題になったようだ。

ただ放送前から、すでに在庫はほとんどなかった。「残り10個だけうちにあり、放送後に問い合わせが相次いだので慌ててウェブサイトで購入できるように商品登録しました」と清水さんは説明する。たちまち売り切れて、「こう(話題に)なっちゃうと10個じゃ足りないですね」。

「インレイキーホルダー」には、サメ以外にイルカ、ウミガメ、クマノミ、シャチがある。5年ほど前から水族館を中心に販売していた。人気商品とはいえなかったが、サメは比較的売れ行きがよく、在庫がほぼなかったとの話だ。

海外で生産、しかも手作り

ツイッターには、「インレイキーホルダー サメ」の売り切れを知った視聴者から、どうすればサメのキーホルダーが手に入るの...と嘆く書き込みが複数投稿されている。多くの人は、ドラマのものとは違っているのを認識しているようだが、それでも欲しがっている。

清水さんによると、再入荷は未定。フィリピンで作っているが、新型コロナウイルスの影響で現地では厳しい行動制限がかかっており、生産がままならない。通常時も、手作りのため発注から手元に届くまで早くて4~5か月かかる。「今から急いで発注しても間に合わない状況」と話した。

ただ、今回思わぬ形で話題になったことについては「どのようなかたちであれ、ありがたい話です」。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 9/8 19:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます