ダウンタウンと爆笑問題の共演を熱望する太田光代社長に「そちらよりも先にウッチャンナンチャン」の声

拡大画像を見る

8月30日の『松本人志(matsu_bouzu)ツイッター』で「ラフ&ミュージック。おおむね好評だったようで大成功ぽい感じです!」と喜び、視聴者への感謝を伝えた松本人志。「来年は浜田で五夜連続だそうです!」とジョークも飛び出し、続編への期待を膨らませた人も多いだろう。この松本のツイートに労いの言葉と「よろしくお願いします。今度は四人で、お願します」「松本さん。お願いします」と何度も“お願いします”を繰り返して直訴した太田光代社長。すると松本は彼女のツイートを引用し、「お疲れ様でした。4人…浜田動くかな?」とユーモアを交えたメッセージで返信している。

この2人のやり取りに「ダウンタウンさんと爆笑問題さんの4人なんて凄い番組ができちゃいそうですね!」「ダウンタウンも爆問も好きだから実現したら嬉しい」とリプライ欄は大いに盛り上がったが、一方で「太田社長には申し訳ないのですが…ダウンタウンとウッチャンナンチャンの共演が観たいんです」「そちらよりも先に、ウンナンさんたちとの4人の共演が観たいなあ」「爆笑さんもだけどウッチャンナンチャンが見たい」と『夢で逢えたら』世代からの声が多く、また「とんねるずさんもぜひよろしくお願いします」「爆笑よりとんねるずで」ととんねるずとダウンタウンの共演を望む声も少なくない。

2018年3月放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にとんねるずの石橋貴明がゲスト出演した際、ダウンタウンととんねるず、爆笑問題が同じステージに立った2014年3月に放送された『笑っていいとも!グランドフィナーレ』について語っている。タモリ、明石家さんま、ダウンタウンにウッチャンナンチャンが出演したが、「フジテレビから、とんねるずと爆笑問題は一緒に上がらないでくれって(言われた)」と明かしていた。石橋によると「別に俺らはダウンタウンとどうのこうのあるわけじゃない」「ダウンタウンと爆笑問題がどうなっているのかは、ちょっと話聞いていて、そういうことなのねっていうのはあった」ととんねるずとダウンタウンの間に確執は無いと話している。この時はタイミングを見て石橋が「太田、行くぞ!」と爆笑問題に声をかけ、相方の木梨憲武とともに舞台裏からステージへ乱入。一気にお祭り騒ぎのようになり、タモリもそのわちゃわちゃ感を心から楽しんでいたのだ。

石橋の話を聞くと過去にダウンタウンと爆笑問題の間で何か確執があったようだが、今回『FNSラフ&ミュージック』で松本と生でやり取りをした太田は「いや~楽しかったですよ、ホントに」と述べていた。光代社長が熱望するダウンタウンと爆笑問題の共演、なんとか実現することを願っている。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連リンク

  • 8/31 19:42
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます