神宮寺勇太“尚哉”、嘘を見抜く能力がなくなる!?

拡大画像を見る

伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)が主演を務め、神宮寺勇太(King & Prince)と共演するドラマ『東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第4話が、8月28日に放送。市川由衣と馬渕英里何がゲスト出演する。

原作は、澤村御影の「准教授・高槻彰良の推察」シリーズ(角川文庫/KADOKAWA)。“異能”を持った准教授と“孤独”を抱えた少年の目線を通じて、“人とつながること”の大切さを描いたヒューマンミステリー。伊野尾は完全記憶能力を持った大学准教授・高槻彰良を演じ、神宮寺は怪異を経験し“嘘”が分かるようになってしまったために“孤独”を抱える大学生・深町尚哉を演じる。

先週放送された第3話「鬼伝説の怪」は、原作の「鬼を祀る家」のエピソードをアレンジ。『八つ墓村』『犬神家の一族』で有名な横溝正史的世界観に加え、富士山、洞窟、かやぶき屋根の民家など風光明媚な映像も楽しめる1話となった。ネット上では、高槻から「真実をすくいとってくれた」「今回の深町くんはカッコよかった」と感謝の言葉を言われ、笑みをこぼす深町の姿が話題に。「気持ちが表情に出やすいんだね」「穏やかな表情に癒されたよ」「高槻先生に褒められて喜んでる深町くん可愛いかった」といった声があった。

第4話の舞台は、山中にある豪奢な洋館。幽霊が見えると話題の“霊感女優”藤谷更紗(市川)から、主演映画の撮影現場で続く怪異現象の調査依頼を受けた高槻。何故か苦い顔を浮かべる更紗のマネージャー・宮原晴子(馬渕)もいる中、高槻は尚哉らと現場へ出向き、その現象を見たという撮影スタッフらに話を聞きながら真相の解明を試みる……というストーリーが展開される。

<第4話あらすじ>
「私、幽霊を見た事があるんです」。高槻(伊野尾)のもとを訪ねてきたのは女優の藤谷更紗(市川)だった。かつて一世を風靡し、今は幽霊が見える「霊感女優」として再ブレイク中の更紗は、主演映画の撮影現場で起きている怪異現象を調べてほしいという。しかしマネージャーの宮原晴子(馬渕)は何故か苦い顔を浮かべる。一方、尚哉(神宮寺)は耳の不調で病院を訪れていた。中耳炎と診断され治療を受ける尚哉。帰宅すると嘘を見抜く能力が消え去っていて……。不安を抱えたまま始まった調査。高槻は生方瑠衣子(岡田結実)、難波要一(須賀健太)らと聞きこみを始める。

関連リンク

  • 8/26 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます