超人気クラファン! わずか3時間で目標達成の「底がまるいフライパン」 応援購入は9月28日まで

拡大画像を見る

 北陸アルミニウムは、富山県高岡市で新発想のフライパン「まるっとパン」を、8月24日からクラウドファンディングで先行予約販売(応援購入)を開始し、わずか3時間で調達目標の30万円を達成した。

 「まるっとパン」は、内側が丸く全面が調理面、食材は中央に集まるよう設計されたフライパン。底がまるい形状であることから、食材が中央に集まり、軽く混ぜるだけで具材がうまく絡まる。
 例えば、フライパンの「サイズ」と「溶き卵」の量があわないと、薄く流れて固まり「スクランブルエッグ」や「薄焼き卵」になることもあるが、「まるっとパン」は鍋の中心に溶き卵が集まり、卵が一つでも二つでも、上手くオムレツが作れる。
 また、今回の「まるっとパン」は、軽さを追求したガス火専用仕様となっている。独自の受け台設計で、新発想の底がまるい「カタチ」と「グラつかない」安定性とを両立。受け台部を除く底面は、最薄化することで軽量を実現した。
 応援購入は、9月28日まで受け付けている。

関連リンク

  • 8/25 20:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます