残暑に負けず、お肉でパワーチャージ!肉好きに愛されるステーキハウス5選

アツアツでド迫力なステーキが目の前に登場する瞬間は、誰しもが高揚する。

残暑厳しく体力が落ちがちな今のシーズンこそ、お肉でパワーチャージが必要だ!

今回は、人気のステーキハウスが集まる六本木で、肉ラバーが愛する店を厳選してご紹介。

この店を知っておけば、必ずや極上のお肉があなたに活力を与えてくれるはずだ!



※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

1.東京のステーキを語るうえで外せないレジェンド店


ウルフギャング・ステーキハウス 六本木店

US牛の輸入規制緩和と同時期に“ステーキハウスの黒船”として鳴り物入りで日本上陸を果たしたこのお店。オープン直後から話題を呼び、瞬く間に大人気店に。

ジュージューと音を立てて運ばれてくる大皿は、肉同様にこんがりと茶色く焦げている。というのも、皿ごと900℃のオーブンで焼き上げているから。

表面はカリッと香ばしく、中はジューシーな仕上がりで、リッチな香りもたまらない!牛肉の魅力を最大限に引き出した同店のステーキは、肉欲を十分に満たしてくれる。

2.非日常感たっぷりのテラスで極上のステーキを豪快に!


ビーエルティー ステーキ ロッポンギ

六本木の「泉ガーデン」の中にあり、セレブご用達として知られる一軒。世界各国に展開している、言わずと知れたステーキ界の重鎮である。

プライムグレードの肉を専用の窯を使って925℃で焼き上げるステーキが評判だが、夏はテラスで楽しめるお得なコース「テラス・ステーキプラン」がおすすめ。

白い石壁とトロピカルな植栽がハワイのリゾートを思わせる雰囲気のテラスで、極上のお肉を豪快に頬張りたい!

3.NYで絶大なる人気を誇るド迫力のステーキ


ベンジャミン ステーキハウス 六本⽊

肉ラバーから圧倒的な支持を集める人気ステーキハウス。NYの本店を再現したラグジュアリーな空間の中、記憶に残る肉体験ができる。

オーダーすべきは、USDA(アメリカ農務省)が最高ランクに認定しているプライムビーフのステーキ。高温ブロイラーで一気に焼き上げるステーキの肉の判の大きさ、分厚さはステーキ大国のアメリカならでは。

肉食女子を連れてガッツリお肉デートをするなら、まず間違いなくこの一軒が候補の筆頭といえる。

4.これぞ“ホテル肉”の最強王者!


オーク ドア/グランド ハイアット 東京

六本木のラグジュアリーホテル「グランド ハイアット 東京」にある、空中庭園さながらの開放的なテラス席を持つステーキハウス。

こちらでは、約2.4kgもある最高級国産牛のリブアイを使用。その巨大肉を300℃以上の火力を誇るウッドバーニングオーブンで、外はカリッと中はジューシーに焼きあげている。

肉からは芳醇な香りが漂い、食べれば閉じ込められた肉の旨みに悶絶!テラスの心地良い風に吹かれて味わうステーキが、常夏の旅へと誘う。

5.眼前で焼き上げられる、極上の黒毛和牛を!


ステーキハウス ハマ 六本木本店

六本木の美食を語る上で外せない店。4階建ての重厚な建物には、デート、会食などあらゆるオケージョンに対応可能な鉄板カウンターや個室が設えられている。

主役たる黒毛和牛は、「日本三大和牛」の中から松阪・近江牛を仕入れ、常時状態の良いものを提供。綿密に焼かれたステーキは、ひと切れ食せば、繊細な身質と舌にすっと溶ける脂に陶然となる。

それでいて、海鮮類も活けのものを使って抜かり無し!シェフの流麗な手さばきに魅せられ、さらに味わい深さが増幅する。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/25 5:00
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます