どうやったら結婚相手に出会える?の答えは「自分を集合場所にする」

by Kelsey Chance

11回結婚している私によく寄せられる「ごまたんさんはどうやって好みのタイプの男性と出会っているんですか?」という質問。質問者の方は「ここに行けば恋人ができるよ」とか「ハイスペックな男性と出会うならここだよ」とかそういった単刀直入な回答を期待しているようなのですが、私は出会いを求めて出会いの場に行くようなことはしていません。

婚活パーティやマッチングアプリはあり?なし?

「出会いがない……」と嘆く人には共通して
・家と職場の往復ばかりの生活
・人と交流するタイプの趣味を持っていない
・積極性がなく受け身の姿勢で待っている
という特徴があります。

特に最近ではコロナ禍で外出や集まりが制限され、“家と職場の往復ばかり”という人が以前よりも増えています。婚活パーティーやマッチングアプリ、SNSを使うという選択肢もありますが、「恋人が欲しくて素敵な人を探した」という動機に抵抗感を持っている人もまだまだ多いのが現状です。しかし、「好き」という複雑な感情に支配されず、相手のスペックや条件を精査して冷静に相手を見極められるというメリットがあります。

実際に私の友人でも、婚活パーティとアプリによる2年間の婚活を経て結婚した女性がいます。同世代の友人達が恋に傷ついたり感情に振り回されている間、彼女は冷静に婚活を進め、ついに「この人だ」と思える人を見つけて結婚しました。お互いが冷静に相手を分析し見極めて結婚に至ったためか、目立った喧嘩もなく夫婦関係はとても良いと言っています。

だからそういったサービスを使うのも1つの手。「いい条件の人を探して出会いの場に行った」ではなく、「いろんな人と幅広く交流をもつことで結果的にいい人に出会えた」という心構えで利用すればいいのです。ただ、どうしても抵抗感が拭いきれないというのであれば、日頃の生活から積極性を持たなければなりません。

自分自身が“集合場所”になる

仮に“恋人候補と出会える場所”があったとして、素敵な恋人ができるか否かは結局のところ、自分の魅力や人間力次第です。そのため人から選ばれたいのであれば「出会いの場に行く」のではなく、自分自身が“集合場所”になることをおすすめします。

“集合場所”になるということは、人から慕われ信頼されている証。人と情報を交換したり交流したりするような趣味を持ったり、仕事で成功したり信頼されるなど、とにかく周囲から好かれ信頼され、集まりには必ず誘われる人間になることで、色んな縁を手繰り寄せることができます。前々回の記事(恋愛モテ本を鵜呑みにしてはいけない!非モテが見落としがちな基本行動)も参考になると思います。

嫌な言い方ですが、より素敵な異性と交際するには、たくさんの素敵な異性と知り合い、その中から自分にとって最も良い相手と親しくなり、かつ相手からも慕われる人間になることが重要です。

自分の周りに集まってくる人間は自分の鏡です。まずは自分自身が素敵な人間になり、自分自身が集合場所になってしまえば、そういった相手を探すことが容易になるのです。また“集合場所”タイプの人間は人から人を紹介されがちなので、必然的に出会いも多くなっています。

夫との出会いはホストクラブのお試しコース

余談ですが今の夫との出会いはホストクラブです。
ホストクラブなので、別に恋人を探しに行ったわけではなく、友達との付き合いで訪れた初回のお試しコースでの出会いです。

出会った瞬間お互いに衝撃が走り、出会ってから2ヶ月も経たないうちに結婚しました。(再婚禁止期間を待たずに再婚する方法)

普通初回コースで出会ったホストと結婚しようなどと考えないと思うのですが、話しているうちに基本的な価値観が似ていることに気付き、直感で「この人とだったら楽しい毎日が送れそう」と感じたのです。
人には理解されないのですが、初めて食事に行った際に「数字の2ってあざとくないですか? 偶数だし、私素数じゃないわよ〜って顔しながらしっかり素数。絶対あざといと思うんです」という発言をされ、私も数字に性格を感じるタイプだったので「この人といたら絶対楽しい!」という直感に確信が持てたのです。いま楽しく暮らしているので、その直感は正解だったと思います。

結局出会いのきっかけなど、どこに落ちているか分からないということ。
行動を起こさないことには出会いもないので、出会いがなくて悩んでいる人は身近なことから積極的に取り組んでみてほしいです。

Text/ごまたん

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/24 11:00
  • AM

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます