取引先の男性を好きになった方必見♡恋愛へ発展させる方法4選

拡大画像を見る

営業など外回りのある職場で働いていると、取引先の会社に行くことがありますが、ふとした瞬間に取引先の男性を好きになってしまった方もいらっしゃるかと思います。
どうやって恋愛に発展させようか迷いますよね。
「あの人素敵だな」と思っても取引先の男性ということもあり、なかなか恋愛に発展することも無いので、諦めるかもしれません。
そこでこの記事では、取引先の男性を好きになった時に恋愛に発展させる方法についてご紹介していきますので、参考になれば嬉しいです。


会社の窓口担当になる

自分の会社によく営業回りで来る取引先の男性を好きになってしまった時は、自社の窓口担当になることで、相手にアプローチしやすくなります。
会社の窓口担当になることで、好きになってしまった取引先の男性と接点ができますから、会話をして距離を縮めるチャンスです。
ここから徐々に距離を縮めることで、徐々に恋愛に発展させることができますし、ちょっとしたタイミングで付き合える可能性もあります。


連絡先を聞く

取引先の男性を好きになった時に恋愛に発展させるためにも、自分から積極的に相手の連絡先を聞きましょう。
ただ取引先の男性にいきなり「連絡先教えて下さい!」と聞いてしまうと、相手に不信感を与えますから、警戒されて恋愛に発展できなくなります。
連絡先を聞くためにも、男性とある程度は距離を縮めてから「宜しければ連絡先を教えて頂けませんか?」と、丁寧に伝えましょう。


社会人としてのマナーでアプローチする

やはり相手は取引先の男性ということもあり、いくらあなたが好きになったとしてもマナー関係なくアピールしても悪い印象を与えるだけです。
取引先の男性と本気で恋愛に発展させたいと思っているのでしたら、社会人としてのマナーでアプローチすることが大切です。
そのためちょっぴり恥ずかしいかもしれませんが、自分から積極的に挨拶をしてアピールすることで、好印象を持ってもらいましょう。


デートに誘う

好きになった取引先の男性とそれなりに距離を縮めることができれば、上手にデートに誘って恋愛に発展させましょう。
しかしストレートに「デートしてください」と、あなたから誘うのを恥ずかしいと感じる場合は、「仕事で話があるので食事に行きませんか?」と伝えます。
きっと男性も警戒はしませんし「仕事の話なら行こうかな」と前向きに考えてくれますので、上手にデートに誘うことができます。


まとめ

やはり社会人になってくると、様々な取引先の男性を見かけることがありますから、自分好みだった時に上手に恋愛に発展させたいですよね。
そのためにも会社の窓口担当にしてもらい、徐々に好きになった取引先の男性と距離を縮めて連絡先を交換することで、付き合えるチャンスがあります。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/23 12:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます