戸田恵梨香、「ハコヅメ」視聴率に貢献?寝ても崩れなかった充実バストシーン

拡大画像を見る

 主演の永野芽郁が新型コロナウイルスに感染し、2週にわたって特別編が放送されたドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系)だが、8月18日には第5話が放送されて再開。関東地区の平均世帯視聴率が12.5%とこれまでの最高を記録したが、そのなかで注目されたのが、永野演じる川合麻依の相方、藤聖子役を務める戸田恵梨香の美バスト強調シーン。

 それはラスト近く、藤が泥酔した場面。飲みすぎて前後不覚になった彼女が川合に支えられて自分の部屋に戻ると、ベッドに倒れ込む。寝転がると上半身がアップになり、胸の膨らみが露わになった。

「戸田は体にフィットしたTシャツを身に着けていたので、バストのラインがはっきりとわかりました。彼女は大きな胸の持ち主というわけではありませんが、それでもかなりのド迫力。昨年12月に結婚してからバストが大きくなったとの指摘もあり、実際に以前よりはサイズアップしているのかもしれません」(週刊誌記者)

 サイズもさることながら、バストのボリュームと張り具合も絶賛されている。戸田が寝転がっても崩れることなく、その盛り上がりをキープし、美しい稜線を描き続けた。あのシーンが高視聴率に貢献したことは間違いない!?

関連リンク

  • 8/20 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます