『ナイトドクター』岸優太「深澤の一本立ち」同じ医療ドラマ『TOKYO MER』と明暗分かれる

拡大画像を見る

 女優の波瑠(30)主演の月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の第6話が8月9日に放送され、世帯平均視聴率が10.2%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)だったことが分かった。

 同ドラマは、働き方改革を目指して立ち上げられた、夜間勤務専門の救命医チーム「ナイト・ドクター」の、年齢も性格も価値観もまったく異なる5人の医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら絆を紡いでいく青春群像医療ドラマ。

 前回、働き方改革による労働時間の減少によって経験が積めず、成瀬暁人(田中圭/37)に追いつくことができなくなると焦った朝倉美月(波瑠)は、昼間に違う救急医で働くことに。しかし、朝倉の過労は明らかで、深澤新(岸優太/25)は彼女の体調の変化が気になっていた。

 そして、第6話では、工場の事故で複数の傷病者が出たと出動要請が入り、本郷亨(沢村一樹/54)は朝倉、成瀬、深澤たちを現場に向かわせた。深澤が崩れた資材置場を見に行くと、重傷を負った作業員がいたのだが、治療の自信がない深澤は朝倉に処置を頼む。しかし彼女は過労のせいで立ちくらみを起こし、資材の山から転落。意識を失った朝倉は、一度は深澤の呼びかけに目を覚まして処置を再開するが、全ての傷病者の搬送を終えると再び倒れ込む。

 朝倉は肋骨を骨折しており、気胸(肺に穴が開いて空気が漏れ、肺が委縮してしまう状態)の疑いがあるという。深澤は「朝倉が疲れていると分かっていたのに、患者の処置を任せきりにしていた」と、彼女のケガは自分のせいだと悔やんだ。

■岸優太がようやくチームの一員に

 そして、朝倉をチームから欠いたことに責任を感じた深澤は、救急医療の知識を身につけるため、一人で熱心に勉強していた。そんな中、再び事故が発生。深澤は成瀬に指名され、一緒に現場に駆けつけるも、重傷者を前に体がすくんでしまう。

 そんな深澤に成瀬は「お前が診ろ」と命じる。深澤は「無理ですよ、こんな」と弱気だが、成瀬に「いいから診ろ!」と一喝され、患者の診察を始める。すると、これまで学んだ知識は確かなようで、的確に容態を把握し、処置方法を言い当てる。そこで、成瀬が「完璧だ、あとはやるだけだ」「何を迷う必要がある!」と鼓舞すると、深澤の脳裏に浮かんだのは、現場で患者を懸命に処置する朝倉の姿で、覚悟を決めたように処置を進めていった。

 これまでのビビリな深澤がウソのように、次々とケガ人を救っていくと、成瀬は「時間をかけ過ぎだ」と叱りつつも、「でも、おまえのおかげで患者が助かった。おまえにはちゃんとした技術も知識もあったってことだ。足りなかったのは、それを使う度胸だけだ」と声をかけた。 

 また、深澤を「チキン」扱いしていた朝倉も事情を知ると、「チキンを卒業したんでしょ。だって、この前、一人で処置できたみたいだし、スゴいじゃん」と祝福。これまで、チームのお荷物でしかなかった深澤が、ようやく救急医として一本立ちしたのだった。

 今回の放送は、裏番組の東京五輪特番『くりぃむしちゅーの!レジェンド東京五輪メダリスト総勢23人大集合!生放送SP』(日本テレビ系)が12.3%という高視聴率を記録。さらに五輪期間中の休止明けであり、それらの状況を考えれば、大健闘の視聴率といえるだろう。

■一方で『TOKYO MER』は?

 一方で、前日放送のドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室』(TBS系)は、同時間帯にNHK総合で東京オリンピックの閉会式が放送されていたが、放送を継続。放送を休まなかった勇気はホメたいが、8.4%と前回から2.4ポイントダウンの苦戦となってしまった。

 今後、人間ドラマを丁寧に描く『ナイト・ドクター』と、アクションミステリー色の強い『TOKYO MER』という、タイプが違う医療ドラマ対決の行方が気になるが、どちらも次週からは新展開を迎える。夏ドラマの中では勝ち組である2ドラマの、視聴率V字復活に期待したい。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 8/16 10:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます