本田真凜・望結・紗来、“三姉妹”共演に絶賛と同時に出た“惜しむ声”

拡大画像を見る

 フィギュアスケートのアイスショー「プリンスアイスワールド 2021-2022 Brand New Story II~Moving On!~大分公演」が8月7、8日、大分・別府ビーコンプラザで開催され、“本田三姉妹”がそろって登場。ファンが歓喜の声を上げている。

 この日、大分公演限定プログラムとして、本田真凜、望結、紗来の三姉妹と、人気ユーチューバーでピアニストのハラミちゃんとのコラボレーションが実現。会場は大歓声に包まれた。

「7日には女優、歌手としても活動する望結がみずから作詞を手がけたデビュー曲『サクラクライ』を熱唱。バラード調の曲に合わせて、真凜、紗来の2人が氷上を舞いました。三姉妹のコラボはファンにとってたまらない演出だったでしょうね。その後、黒の衣装で登場した望結がソロ演技を披露。色白の美脚が躍動する姿は高校生とは思えない色香も放っていました。3人がそろってアイスショーに出る機会は今後、限られてくることが予想されるだけに、貴重な場となりました」(スポーツライター)

 ネット上でもこのユースに、〈いつの間にか3人が大人になってたね。月日が経つのは本当に早いなぁ〉〈紗来ちゃんも立派に成長してた。マジでドキドキしたわ~〉〈それにしても、姉妹3人そろって美人でナイスボディとは…溜め息しか出ません〉といった声や、〈こういう共演、いつまでも観ていたいけど、そうもいかないんだろうな〉などといった指摘も出ている。

 望結は2月に行われたオンラインイベントで、あと数年でフィギュアスケート選手を引退することを明かしている。あと何回、三姉妹の氷上共演が見られるのだろうか。ファンにとっては気がかりなことだろう。

(ケン高田)

関連リンク

  • 8/16 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます