「シャン・チー」はホテルマン! ヒーローになる前は普通に働く人間だった マーベルヒーローたちが戦う理由とは

拡大画像を見る

世界中の人々の記憶に残るこのビッグタイトルを生み出したマーベル・スタジオが贈り出す最新作に熱い視線が注がれている中、『ブラック・ウィドウ』に続く最新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』が9月3日(金)に公開となります。マーベル・スタジオの新時代を築く新ヒーロー《シャン・チー》の誕生が描かれるという本作だが、実は新ヒーロー《シャン・チー》はホテルマンとして働く異色の経歴の持ち主だった…! 一見、ヒーローとはかけ離れた存在のようにも感じられるシャン・チーですが、実は、これまでマーベル・スタジオが贈り出してきた最強ヒーローたちの中にも、全く別の仕事から転身し、世界を救うために立ち上がった者たちが存在します。

今回は、異色の経歴を誇るマーベルヒーローたちが戦うことになった経緯を一挙ご紹介。来たる新ヒーロー誕生の瞬間に備えることとしたい!

▼社長兼発明家から転身した、アベンジャーズの中心人物 アイアンマン
MCUシリーズ第1作『アイアンマン』の主人公である、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)。のちに究極のヒーローチーム アベンジャーズの中心人物となっていく彼の前職は、武器開発の分野をリードする大企業スターク・インダストリーズを率いるセレブ社長。無類の遊び人でもある一方、軍需産業で世界平和の実現を望む彼は、持ち前の父親譲りの天才的頭脳で、次々と最先端の武器を開発。巨大な富を気付いてきた。しかし、ある日テロ組織<テン・リングス>に拉致され、そこで自らの武器が悪用されていることを知り愕然。武器製造から手を引き、自らの天才的な知能とビジネスセンスを今度は世界平和のために使うことを決心し、自身が開発した最新鋭のパワードスーツに身を包んで交戦することに。その後も、<真の世界平和>実現という使命のもと、世界の人々を守る絶対的ヒーロー“アイアンマン”として数々の敵に立ち向かい、世界中を熱狂させてきた。

▼神の手を持つ天才医師から転身した、魔術を操るヒーロー ドクター・ストレンジ
魔術を操って敵を翻弄するアベンジャーズの一員スティーヴン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)。彼はかつて、ニューヨークの病院で働く、さまざまな医療知識に精通した神経外科医だった。どんな困難な手術でも成功させる天才医師として名声を気付いてきたが、ある日交通事故により、両手にマヒが残るケガをしてしまう。外科医としては致命的な傷を負い、一瞬にしてその輝かしいキャリアを失った彼は、あらゆる治療法を模索したものの効果はなし。藁にもすがる思いで最後にたどり着いた地で、神秘の力を操る指導者と巡り会った彼は、未知なる世界を目の当たりにして衝撃を受け、弟子入りすることに。魔術の道を究めようと修行に励んでいくうちに、いつしか“闇の魔術”との戦いに巻き込まれていってしまった彼は、闇の勢力から世界を救うために、魔術師として立ち上がる。その後も彼は、身に付けた魔術を武器に敵と対峙するヒーローとして活躍。医者の身でありながら敵の命を奪うという葛藤を抱えながらも、人類を救うため奔走するその姿に、世界中から熱い視線が注がれている。

▼最強の力を封印したホテルマンが、世界を救う新ヒーローに シャン・チー
このように、異色の経歴を持ちながらも、自らの使命を果たすため人生を大きく転換し、悪と戦うヒーローが次々誕生し、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で結集。MCU史上最恐の宿敵を相手に壮絶なバトルを繰り広げ人々を興奮の渦にのみ込み、予想だにしないドラマチックな結末で人々の涙を誘った。そんな彼らに次ぐ存在となるのが、マーベル・スタジオが贈る新ヒーロー《シャン・チー》だ。

かつて父(トニー・レオン)が率いる犯罪組織で手塩にかけて育て上げられ、最強の武術を身に付けたシャン・チー(シム・リウ)。組織の後継者になることを期待されていたが、今はなぜかその力を隠し、アメリカ・サンフランシスコでしがないホテルマンとして働いていた…。一般人にも溶け込んでしまうほど平凡な暮らしを送っていたはずが、悪に染まり、伝説の腕輪《テン・リングス》を操って世界を脅かそうとする父の陰謀に巻き込まれ、封印してきた力をついに解放!世界の未来をかけた壮大な戦いに挑んでいくこととなる――。決別した過去と再び向き合い、“本当の強さ”に目覚めていく、マーベル・スタジオの新ヒーロー《シャン・チー》の誕生を描いたドラマチック・アクション・エンターテイメントが、ついに始まる!

関連リンク

  • 8/12 17:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます