破天荒映画『翔んで埼玉』まさかの続編決定も…主演・二階堂ふみに水を差す「薬物逮捕俳優」の現在

拡大画像を見る

「改めて言うが、正気かおまえら」

 そんな強烈な一言を原作者の魔夜峰央が放ったのも無理はない。

 19年に実写映画化され、世間に多大なインパクトを与えた映画『翔んで埼玉』の続編映画『翔んで埼玉II(仮題)』が、22年公開を目指しての製作されることが、8月11日に発表されたのだ。主演は二階堂ふみ(26)とGACKT(48)が続投し、監督の武内英樹と脚本の徳永友一、そしてプロデューサーを務める若松央樹らもそのまま続投するという。

「埼玉県を徹底的にディスった思い切った世界観が大いに話題となりました。“踏み絵ならぬ踏み草加せんべい”“さいたま市ってひらがな表記がダサい”“熊谷は群馬なんだよ!”“埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ”などなど、あまりのこき下ろしぶりを、映画公開前に監督と二階堂ふみら出演者が埼玉県知事に謝罪に行ったほどです(笑)。

 しかし、映画は大ヒットし、第43回日本アカデミー賞を計12部門受賞。二階堂とGACKTは優秀主演男優と女優賞をそれぞれ獲得。スタッフも最優秀監督賞に最優秀脚本賞、最優秀編集賞など多くの賞を勝ち取りました」(映画ライター=以下同)

 前作でGACKTと二階堂はきらびやかな衣装を着て「御曹司で高校生」という役を熱演。GACKTが『芸能人格付けチェック』で有名なことにちなみ、東京各地の空気の匂いを当てさせる『東京テイスティング』をやらせるネタもあった。

 ちなみに、この場面には群衆が「西葛西って千葉じゃなかったの!?」「都会指数が著しく低い西葛西」と驚愕する“東京間格差”ネタもあった。

「二階堂も本人の提案で“男装の令嬢”ではなく、原作通り“名前も外見も女性らしいが男性”として、東京都知事の息子・壇ノ浦百美を熱演し人気を博しましたが、これが転機になったのか、出演後はいままで以上に人気女優としての地位を不動のものにしました。

 2020年はNHK連続テレビ小説『エール』でヒロインとして素晴らしいオペラを披露し、20年末の『第71回NHK紅白歌合戦』では紅組司会を担当したり、映画『ばるぼら』で大胆な姿を披露したり、本当に大ブレイクといった感じです」

■昨年逮捕されてしまった俳優も出演していた

 今回の映画についても、

「真面目に不真面目な大人達が集まる現場にまた呼んでいただけて、とても光栄です。
パート1(まさかこの呼び方をする日が来るとは思わなかった)を遥かに超える大作を、最前線で感じられたらと思います」

 とコメントを寄せている二階堂。ぜひとも頑張って欲しいが、多くのファンは「あの男」をどうするか気になっているという。

「伊勢谷友介(45)ですね。伊勢谷は埼玉と対立する“おもしろ半島・ちば”の千葉解放戦線・阿久津翔を演じていました。昭和の特撮番組の悪役みたいなものすごい悪い表情や大げさな動きが強烈なインパクトを与え、伊勢谷も日本アカデミー賞の優秀助演男優賞に輝いていました。

 二階堂とGACKTのキスシーンはあっさりなのに、伊勢谷とGACKTの妄想キスシーンはなぜか長回しでじっくりねっとり映されているのが、当時話題になりましたね(笑)」

 千葉もまた「東京のコバンザメ」と酷評されたり、映画内でネタにされていた。伊勢谷演じる阿久津も、交通手形撤廃を目指して東京都知事にすり寄り、

「おかげで千葉に“東京”と名の付くものを多く作ることができた。東京ドイツ村、ららぽーとTOKYO-BAY、伊藤ハム東京工場、東京ベイシティ交通!」

 と声高らかに叫ぶ迷シーンもあった。武内監督は伊勢谷の演技について19年3月6日に『女性自身』(WEB版)のインタビューで、

「東京の名がついている千葉の施設を列挙するセリフに、“これにどうやったら気持ちが込められるのか、本当に難しい”と悩んでいました(笑)」

 と振り返っている。

「先述のすごい顔芸や伊勢谷ら千葉とGACKTら埼玉が川を隔てて“有名人出身地対決”をする場面がCMや特集で毎回のように映っていて伊勢谷のインパクトは絶大でした。実際、役者としては素晴らしかったんですが……。昨年9月8日に、伊勢谷は大麻取締法違反の容疑で警視庁に逮捕されてしまいました」

■伊勢谷が出ずとも問題なしの可能性

 その後、伊勢谷は同年9月30日に保釈。12月22日に、東京地裁が懲役1年、執行猶予3年の判決を下したことで裁きは受けたが、当然ながらテレビや映画で姿を見ることはなくなった。すでに収録済みだった複数の映画は、伊勢谷を予告映像やポスターからクレジット以外は排除して公開されている。

「今年4月26日発売の『週刊文春CINEMA!』(文藝春秋)で、逮捕後初めてメディアのインタビューに応じた際に“ご迷惑をおかけした方への償いができたことが大前提ではありますが、もし許されるなら、俳優として活動したいという思いはあります”と答えていましたが、しばらくは厳しいでしょうね。

 それに、伊勢谷がカット不可能な出演をしているので、よくある“続編公開記念で『翔んで埼玉』を地上波放送!”がやれない可能性が高いのは残念です」

 前作で千葉と埼玉は最終的に和解し、真の敵を協力して倒した。続編で共闘する姿が見られない可能性が高いのは、なんとも残念である。

「ファンの間では、前作で茨城や群馬と違いまったくネタにされたかったことや昨年に魅力度ランキング最下位だったこと、足利市に巨大な渋谷のセットを作ったり話題性もあることから、“次の埼玉の相手は栃木県じゃないか?”と言われています。きっと伊勢谷に代わる、強烈で面白いキャラが出てくれると思いますよ」

《他県の皆様には「埼玉がうらやましい」「自分たちの地元もいじって欲しい!」「翔んで〇〇もやってほしい!」など、ありがたい反響をたくさんいただきました。》と若松プロデューサーが明かすほど、他県からも注目を集めた『翔んで埼玉』。

 伊勢谷が出られずとも、問題なし!?

関連リンク

  • 8/12 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 原作は未完のまま放置されてるが…この映画も見たコタ無いが、なんだか"六神合体ゴッドマーズ"みたいに"翔んで埼玉"のタイトルだけ付いた完全オリジナルストーリーなのは確かなようだ…

記事の無断転載を禁じます