男性を癒やす「仕事の愚痴LINE」への返信8パターン

男性から届いた落ち込み気味のLINEに対して、どんな返信をしたらいいのか迷った経験のある女性は多いと思います。そこで今回は『スゴレン』の男性読者に聞いた「男性を癒やす『仕事の愚痴LINE』への返信」についてまとめてご紹介します。

【1】「大変そうだね」と、気の毒がるLINE
「『それはキツイね』と、つらい立場を理解してくれた」(20代男性)など、同情を寄せるLINEに癒されるという意見です。「否定しないで聞いてほしい」(20代男性)と感じる男性は多そうなので、まずは相手の苦境に心から共感する姿勢を見せると喜ばれるでしょう。

【2】「体は大丈夫?」など、体調を気遣うLINE
「『ちゃんと食べてる?』とか、体を心配されるとグッとくる」(20代男性)など、いたわりの言葉に弱い男性は多いようです。「精神的にだめなときは、体もダウンしがち」(20代男性)というように、ダメージが大きいほど気遣いの言葉が伝わりやすいと思われます。

【3】「がんばれー!」と、スタンプつきで応援するLINE
「女の子らしいスタンプがあると普通にうれしい」(20代男性)など、スタンプを駆使した返信は、おおむね歓迎されているようです。「文字だけよりも愛情を感じる」(20代男性)という見方もあるので、好意をさりげなくにおわせたいときは工夫してみましょう。

【4】「実はわたしも○○さんが苦手で…」など、悩んでいる内容に共感するLINE
「『そうそう、アレ面倒だよね』なんて同意してくれると、気持ちが軽くなる」(20代男性)というように、「理解されること」は何よりの励みとなる場合があります。どんな点に共感するのか具体的に示すと、うわべだけではない思いやりが伝わるのではないでしょうか。

【5】ひととおり愚痴を聞いてくれたあと、「わたしだったら、こうするかも…」と解決策を示すLINE
「『こういう見方はどう?』みたいな助言はありがたい」(20代男性)など、親身にアドバイスしてくれる女性に、感謝の念を抱く男性が多いようです。頭ごなしに「こうするべき」と言うのではなく、「自分なら…」という前置きを忘れないようにしましょう。

【6】「気晴らしにドライブでも行く?」など、落ち込んでいたことが吹き飛ぶようなお誘いLINE
「『おいしいもの食べて元気出そう』と呼び出された!」(20代男性)というように、気分転換に誘い出すのも喜ばれる方法です。「わざわざ時間を作ってくれるなんて」(20代男性)など、LINEのやりとり以上のリアクションをすることで、さらに大きな真心が伝わるようです。

【7】「あなたのがんばりは、わたしが見てるよ」など、自分だけは味方であることをアピールするLINE
「『わたしがついてるよ!』という言葉に涙」(10代男性)など、理解者であることをきっぱり宣言されて、ホロリときてしまう男性は少なくないようです。仕事や友人関係で、不本意なトラブルに巻き込まれている男性には、特に感激される言葉だといえそうです。

【8】「愚痴ならいつでも聞いてあげるよ!」と包み込むように受け止めるLINE
「『たまってたんだね、全部ぶちまけていいよ』なんて言われたら胸に飛び込みたくなる!」(10代男性)など、全面的に「聞いてあげる」スタンスを見せられると、安心する男性は多いようです。「母親のようなやさしさ」をイメージするといいかもしれません。

そのときの状況によって、ほかにもさまざまな「『愚痴LINE』を送ってきた男性を元気にしてあげられる返信」があると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/10 9:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます