【衝撃実態】東京五輪選手村は出歩き放題!外国人アスリートから女性記者に届いた「エグすぎTinder自撮り」と「You Come?」クラブ抱擁写真【画像】

拡大画像を見る

 今夏、世界中から東京に集結した“肉体エリート”たち。だが、競技だけではありあまるエネルギーを発散しきれないのかもしれない。8月16日発売の『週刊大衆』8月30日号には、その驚くべき実態が掲載されている。以下、その内容を先行して公開する。

「東京オリンピックの選手村では、マッチングアプリの『Tinder』が大人気なんです。前回のリオでも治安の悪い街に出ることなく、好みの異性に出会えるとあって大流行したんですが、今回はさらに多くの選手が利用しています」(スポーツ紙記者)

 7月28日、熱戦が続く最中、本誌女性記者は同アプリにログイン。すると、スマホ画面には国旗がプリントされたビキニパンツ、五輪マークのジャージでメダルを掲げた筋骨隆々な外国人男性らの写真が次々と登場するではないか。 

 プロフィールを読めば、「オリンピックで東京にいます」「アスリート、五輪ウェイトリフター」「場所:東京五輪選手村」など、オリンピアンだと熱烈アピール。チリやブラジルの競泳選手、飛び込みの選手らしきメキシコ人男性など、数えると一晩で総勢17人の五輪アスリートを確認できた。

 とりあえず「マッチ希望」を意味する右スワイプを連発すると、すぐに選手らしき外国人男性とマッチングが成立。「How Are you?」から始まったメッセージに、「アスリートですか?」と英語で返すと「Yes」。その答えともに、なぜかディープキス画像が送られてきた。

 続けて「飲みにどこ行く?」「君の家は?」と攻めのメッセージが続く。一人暮らしであることを伝えると、「場所を教えて。タクシーで行くから」。う~ん、早すぎる。さすがは一流アスリート! 

■連絡を重ねた結果…

 念のため、「選手村の外に出られるの?」と送ると「Yes」の返事が。東京五輪のコロナ対策を記した規則集「プレーブック」では、観光など私用目的の外出は禁じられているのだが……大丈夫なのか、バブル方式。

 その後、より手軽なインスタグラムのアカウントでやりとりをすることに。彼のアカウントを確認すると、とある国の柔道代表のA選手であることが判明。過去に世界選手権でメダルを獲得しており、今大会金メダリストの日本人選手とも過去に対戦経験があるという。

 ここが勝負どころと見たのか、A選手は速攻を見せる。「もし僕の身体に触れたければ」との文言とともに、ベッドに横たわり、見事なシックスパックの腹筋をみせつける自撮りが送られてきたのだ。

 重ねて「君の身体を見せて、僕も見せるから」と、こちらの生まれたままの姿の自撮りを求めてくる。一刻も早く“寝技”に持ちこもうとする彼をなんとか制するが、2日後の夜に会う、と先方は高まるばかり。

 そして、7月30日。当日となったが連絡は来ず。試合終了と思われた深夜0時過ぎ、「六本木のクラブに行く。君も来る?」と、唐突な連絡が……。どうやら大和撫子を求めて、友人選手らと夜の街に繰り出すようだ。さらに1時間後、「(西麻布の有名クラブ)『A』にいる。来る?」との連絡が。

 そして店内での写真と動画、「You come?」とダメ押しのメッセージが続く。動画では暗い店内で女性4、5人がマスクをズラして笑い、ガタイのいい男の首に手を回す姿も確認できた。

「この愚か者めが!」と、丸川珠代五輪大臣に喝を入れてほしい、と願うばかりだが、海外からのアスリートを選手村から出さない、という方策は完全に崩壊していたことが明らかになった。

 はたして、東京オリンピックの決算はどのような形になるのか……。

関連リンク

  • 8/6 7:11
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます