驚きの新事実!あの日、図書室で…【LINE事件簿 #115/先生の放課後6】

どうも、LINE探偵です。

僕の元には日々「LINE事件簿」が寄せられています。

LINEはいつだって事件の発端になりうるもの。大喧嘩につながるハプニングから、つい笑ってしまうプチアクシデントまで……。あなたも身に覚えがあるのではないでしょうか?

そんなLINE事件簿の中から、特に印象的だった事件「先生の放課後」をみなさんにご紹介します。

「先生の放課後」その6


教育実習生の工藤律也くん(仮名・22歳)が個人的に男子生徒とLINEをしていたことを厳重注意した指導教員の島田裕香さん(仮名・30歳)。

生徒(健太くん)のことを思っての行動ですが、それは許されることではありません。そんな話をしていると「健太くんはあの頃の僕なんです」と律也くんが語り始めました。

「僕も中学時代はクラスメイトと馴染めず、いつもあの図書室で1人、絵を描いていました。毎日、学校に来るのもつまらないし、面倒くさいなぁ~って」

この中学校の卒業生だった律也くん。健太くんの姿を昔の自分に重ね合わせていたんですね。

「そんな時、ある先生に言われたんです。『君、絵が上手いね!将来は画家かな?今度、私も描いてもらおうかな?』って……。覚えていませんか?島田先生」

なんと裕香さんと律也くんは7年前に図書室で出会っていたのです。

「正直、全然覚えていませんでした。たぶん何かの資料を探しに放課後、図書室へ行った時だと思うんですけど。言われて何となくそんなこともあったような……」

裕香さんが新任で学校にきた年、律也くんは3年生で、裕香さんは1年生の副担任でした。ですので、授業などで直接会うことはなく、まさに偶然の出会いだったのですね。

「ビックリしすぎて……。とにかく個人的なやり取りはダメだからね!と半ば強引にそうとしか言えませんでした」と苦笑いの裕香さん。そりゃあ驚きますよね。その日の晩。



教育実習期間も残すところ、あとわずかです。

次回のLINE事件簿もお楽しみに。

(LINE探偵)
※LINE事件ご提供者本人の許可を得て掲載しています
※個人が特定されないよう、名前や内容は一部変えています

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/5 14:00
  • LAURIER PRESS(ローリエプレス)

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます