選手村で世界のアスリートの胃袋をわしずかみにする”意外な食材“とは?

拡大画像を見る

 連日熱戦が繰り広げられている東京五輪だが、そんな中、選手村で出されるバラエティ豊かな食事にアスリートたちの熱い視線が注がれているという。

 スポーツ紙記者が語る。

「8月に入り、東京五輪も前半が終了し、競技を終えた選手も多くなりました。とはいえ、コロナ禍のなか、バブル方式もあり、外出して羽目を外すわけにもいきません。また、競技によっては試合前に糖質制限や減量を強いられたため、競技終了後は食事が最大の楽しみと語るアスリートは少なくありません。そんな選手たちのために、今回、日本が用意した選手村のメインダイニングは24時間営業で、日本、西洋、アジア料理など地域別のほか、ベジタリアン向け、グルテンフリー、ハラルなど、あらゆる食文化に対応できるよう、700種類のメニューを準備、1日4万5000食の提供を可能にしています。この数とラインナップは、おそらく過去の五輪の中でも突出しているはず。そんなこともあり、お気に入りの料理を自身のTikTokなどに投稿するアスリートが急増しているんです」

 700種類のメニューが24時間食べ放題とは、なんとも羨ましい限りだが、なかでも、海外のアスリートたちにダントツ人気なのが、餃子なのだとか。

 男子卓球ポルトガル代表のジョアン・ジェラルド選手は7月29日、自身のインスタグラムを更新し、選手村での記念ショットを公開したが、

「その中に皿にのせたギョーザのドアップがあるのですが、《朝も昼も夜もギョーザだね》《ギョーザ楽しんで》《レッツゴージェラルド》など多くのコメントが寄せられ、本人も反響の大きさに驚いたと言います」(前出記者)

 さらには、7人制ラグビーの女子米国代表イローナ・マー選手も、左手で餃子をつまんだまま、おもむろに餃子を口に運び「ウン、ウン」と美味しそうに頬張ると「世界で一番おいしい餃子は、オリンピック選手村にある」と語り「これ、食事の度に食べてるわ」とのコメント入りの映像をTikTokに公開、《私も初めて食べた餃子の味が忘れられない》《確かに日本以上のものは食べたことない》と、海外の餃子ファンからも熱いコメントが寄せられることに。

 前出のスポーツ紙記者が語る。

「餃子に関しては、ほかにも写真入りでSNSにアップするアスリートが後を絶たない人気ぶりですが、実は、選手村にギョーザを提供しているのは、JOCオフィシャルパートナーである味の素なんです。つまり、中身はあの味の素の冷凍餃子。ですから、味の素冷餃子が世界に認められたということです。味の素は海外でも『gyoza』という商品名で販売していますから、五輪を機に海外で日本の餃子ブームが起こる可能性は大きいですね」

 まさに、選手村で味の「金メダル」に輝いた味の素の餃子。日本の食卓に並ぶ家庭料理が、海外でもごく普通に食される日は近いかもしれない。

(灯倫太郎)

関連リンク

  • 8/4 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • あきひろ

    8/4 17:03

    閉会式まで選手団全員一丸とまではいかないにしても帰りの便も毎日あるわけじゃないのでしょうねその国の文化とかもあるでしょうし。

  • いち(

    8/4 16:46

    競技が終わればさっさと帰ればいいのに。

記事の無断転載を禁じます