男性から警戒される「元カレと別れた理由」9パターン

「前の彼氏と、どうして別れたの?」と、男性から過去の恋愛を詮索されたことはありませんか? テキトーに答えてやり過ごすのもひとつの手段ですが、安易な発言をすると余計な誤解を与えてしまうことも…。そこで今回は「スゴレン」の男性読者に行ったアンケートを参考にして、「男性から警戒される『元カレと別れた理由』9パターン」をご紹介いたします。

【1】「飽きたから」など、あまりにも身勝手な理由
「付き合ったらすぐにポイ捨てされそう」(10代男性)など、こらえ性がないと思われるようです。せめて「退屈だったから」という表現に変えて、「いつもデートがマンガ喫茶だったし」と、具体的な理由を言えば同情してもらえるでしょう。

【2】「よく見たらブサイクだったから」など、容姿にまつわる理由
「顔のことを言われると、自信がなくなる」(10代男性)と、男性が勝手に気後れしてしまう可能性があります。「理想が高そうだから近寄れない」と思われることもあるので、元カレの容姿批判は控えた方が良いでしょう。

【3】「稼ぎが悪かったから」など、経済力にまつわる理由
「金があれば誰でもいいのか?」(20代男性)と、極端なとらえ方をされる恐れがあるので、ストレートに経済力を挙げるのは避けたいところです。「向上心を感じなかったから」「いつまでも定職に就こうとしなかったから」など、遠回しな表現に留めた方が良いでしょう。

【4】「服がダサかったから」など、センスにまつわる理由
「いちいち服にダメ出ししてきそうで、付き合うと面倒くさそう」(10代男性)など、オシャレに厳しい女性を敬遠する男性もいるようです。「清潔感がなかったから」など、意識次第で簡単に改善できそうな表現に言い換えると良いでしょう。

【5】「仕事ばかりしていたから」など、仕事にまつわる理由
「社会人が仕事に専念するのは当たり前だろ!」(20代男性)など、男性から反発される可能性があります。「お互いに忙しくて、ほとんど会う時間がなかったから」と言うなど、自分にも落ち度があるような表現にした方が謙虚だと思ってもらえるでしょう。

【6】「年が離れすぎていたから」など、年齢にまつわる理由
「年齢なんて、付き合う前からわかってたことでしょ!?」(20代男性)という突っ込みを受けてもおかしくありません。年齢を別れた理由に挙げるなら「価値観が合わなかったから」「頼りにならなかったから」などの表現に言い換えてみてはいかがでしょうか?

【7】「ほかに好きな人ができたから」など、自己中心的な理由
「すぐにほかの男に目移りするタイプ?」(10代男性)と、イメージダウンは免れないかもしれません。安易に第三者の存在は言わず、「元カレがいつも冷たかったから」など、元カレの問題に絞って話した方が良いでしょう。

【8】「浮気されたから」など、異性関係にまつわる理由
「浮気される方にも問題がある気がする」(20代男性)など、余計な詮索をされることがあるので注意が必要です。ドロドロした過去の恋愛トークは、信頼関係が築けている男友達だけに打ち明けるようにしましょう。

【9】「占い師に別れろって言われたから」など、他人任せな理由
「占い師の言いなりになるなんて、責任感がない気がする」(10代男性)など、頼りない印象を与えてしまいそうです。他人に影響されやすい性格だと思われないように、「もちろん最後は自分で結論を出したけど」とアピールすることを忘れずに。

「男性から警戒される『元カレと別れた理由』」には、他にどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/2 12:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます