4つの耳を持つ珍しい猫、「おしゃべりでいたずら好き」と飼い主(米)

拡大画像を見る

米ペンシルベニア州在住のスワティー・コーマンダリーさん(Swati Komanduri、41)が、オスのドメスティック・ショートヘアのミックスで4つの耳を持つ猫“アスラン(Aslan、1)”を自宅に迎えたのは、昨年6月のことだった。

動物保護団体「アニマル・セーフ・ヘブン&アダプションズ(Animal Safe Haven and Adoptions、以下ASHA)」でボランティア活動をしていたスワティーさんは「自動車整備工場で14匹の子ネコを保護した」との連絡を受けて駆けつけ、そこで出会ったのがアスランだった。

スワティーさんは「4つの耳を持つ猫なんてそれまで見たことがなかったの。そんな突然変異があることもね。初めてアスランを見た時はショックだったけど、一目惚れだったわ。私の手と同じくらいのサイズで可愛くて、家に連れ帰ることにしたのよ」と当時を振り返る。

アスランは左右の耳介の後ろに1つずつ小さめの耳があるが、後方の耳介は外耳道や中耳などには繋がっておらず機能はしていない。4つの耳は劣性突然変異で、父と母から受け継いだ遺伝子の両方に異常がある時に発症するため非常に稀だという。

また目が平均より小さく、下顎が上顎よりも僅かながら突き出ているアスランだが、耳が4つあることによる障がいはない。スワティーさんは「食事を摂る時に多少問題があるけど、健康上の大きな問題はないのよ」と述べ、性格についてはこう分析した。

「なんでも味見をしたがって、もし自分が欲しい餌やトリーツをもらえないと盗んで逃げてしまうのよ。」

「性格は社交的でおしゃべり。ただどの家を訪ねても『俺が全ての生き物のボスだ』という態度で恐れを知らないの。」

「それに散歩が大好きで私に催促してくるわ。アスランにはリードによる散歩の訓練をしているから、裏庭を私と一緒に歩くの。また同居している猫や犬と遊んだり、走り回ったりすることも好きよ。ただ退屈になるとニャーニャーうるさく鳴いて、家の中を歩き回っているわ。」

お茶目でいたずら好きのアスランにスワティーさんは「これからもずっと一緒。世話することができてとても嬉しく思っているわ」と述べており、このニュースには「4つの耳なんて、私も初めて見たわ!」「この子、多指症なんじゃないかな?」「ライオンのような顔をしてる」「可愛い」「耳が2つでも4つでも猫は猫だね」「飼い主と相性がいいようで良かった」といった声があがっている。

ちなみに2018年にもオーストラリアで、“フランキー”という名の4つの耳を持つ猫が話題になった。動物専門サイト『The Dodo』によると、4つの耳を持って生まれてくるネコは、遺伝的に身体が小さいままであったり、学習、記憶、理解力に問題があるケースが多いという。

画像は『Metro 2021年7月27日付「Cat born with four ears finds his forever home」(Picture: aslanthe4earedcat/Caters News)』『Aslanthe4earedcat 2021年6月23日付Twitter「I mean…. Can a side profile get any cuter??」、2021年3月28日付Twitter「Halt! Who goes there?」、2021年7月27日付Twitter「Starting of the week with kisses.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 8/1 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます