この悪夢は、本物。 『ゲット・アウト』のプロデューサーによるパラドックス・スリラー『アンテベラム』2021年秋公開[ホラー通信]

拡大画像を見る

ジャネール・モネイ主演のスリラー『ANTEBELLUM(原題)』が、邦題『アンテベラム』として2021年秋に公開決定。ポスタービジュアルが解禁となった。

本作は、アメリカを揺るがす人種や政治の分断というテーマを大胆にフィーチャーした、驚くべき仕掛けを持つパラドックス・スリラー。

博士号を持つ社会学者で人気作家でもあるヴェロニカは、公私共に順風満帆の日々を送っていた。しかし、ヴェロニカの輝きに満ちた日常は突然崩壊し、究極の矛盾をはらんだ悪夢へと反転する。一方で、外界と隔絶した極限状況下に囚われているエデンという女性をめぐるアナザーストーリーも描かれていく。アメリカ南部のプランテーションで囚われの身となり、過酷な労働を強いられているエデン。ある悲劇をきっかけに、奴隷仲間とともに脱走計画を実行するのだが……。なぜ彼女たちは狙われ、監視され、捕らえられてしまったのか。彼女たちを脅かす正体とは何なのか。そして、パラドックスな迷宮のごとき映像世界の果てに、驚くべき真実が待ち受けている。

主演のジャネール・モネイは、恐怖のパラドックスからの脱出を図るヴェロニカとエデン両役を演じる。監督・脚本は、人種差別問題などに関する公共広告やドキュメンタリーを製作してきた新進気鋭の監督ユニット、ジェラルド・ブッシュ、クリストファー・レンツ。主演のジャネール・モネイは彼らの脚本に魅了されたという。また、ジョーダン・ピール監督の『ゲット・アウト』『アス』を世に送り出したプロデューサー、ショーン・マッキトリックが製作を務める。

『アンテベラム』
秋、TOHO シネマズ シャンテほかにて全国ロードショー

出演:ジャネール・モネイ、エリック・ラング、ジェナ・マローン、ジャック・ヒューストン、カーシー・クレモンズ、ガボレイ・シディベ
脚本・監督:ジェラルド・ブッシュ、クリストファー・レンツ
原題:ANTEBELLUM/2020 年/アメリカ/英語/106 分/カラー/スコープ/5.1ch/日本語字幕:大西公子
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ

(C)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

関連リンク

  • 7/28 22:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます