「この子は無いな...。」逆効果になっている男性へのアプローチ4選!

拡大画像を見る


必死に好きな人に対してアプローチをしているつもりでも、どんどん相手が離れていってしまったり、アプローチが全く効果なしだと感じてしまったりすることがありませんか?
せっかく頑張っているのに報われないのはショックですよね。そこで今回は、逆効果になっている男性へのアプローチについて紹介したいと思います。


アドバイスをしすぎる

男性が何か相談してくれるときは嬉しくて必死で相手の話を聞いていいアドバイスをしようと頭をフル回転にさせて頑張るでしょう。しかし、あまりにもアドバイスをしすぎると上から目線の女になってしまいます。
理解者になりたいと思っているのに「何が分かるんだ......」と思われてしまうため逆効果です。何か相談をされたときは聞き役に徹したほうがいいでしょう。


自分のことを話しすぎる

自分を知ってほしくてアピールのつもりでたくさんのことを話すという人もいます。しかし、これではミステリアスな部分がなくなってしまうため、男性の「知りたいな」という気持ちをなくしてしまいます。
男性が努力しなくても自分のことを話してくるため興味を失ってしまうということも考えられるでしょう。少しくらい謎めいた部分があったほうが男性はドキドキしてくれますよ。


相手に合わせすぎている

相手に合わせて相手のしたいように自由にさせることで自分は理解力があるいい女だということをアピールしたい気持ちもありませんか?しかし、合わせすぎはいいアプローチになりません。
合わせすぎることで男性が遠慮気味になったり、逆にいいように使ってしまったりすることがあるでしょう。気を付けていないと自分の格を下げてしまうことになりかねません。


意識して避けすぎている

好きな男性が近くにいる、話しかけるチャンスがあるとなると本当はとても嬉しい気持ちになっているのに恥ずかしくて避けてしまうこともあるでしょう。あまりに意識しすぎて緊張して避けることもありますよね。
しかし、避けすぎは逆効果です。男性は自分が嫌われていると思って関わらないようにしようと決意します。気付いたらあなたが避けられる立場になっていることもあるでしょう。


アプローチは効果的に!

男性にしっかりとアプローチをしたいときは効果的なものを選びましょう。今のアプローチが逆効果になっていないか不安なときは誰かに相談するのもおすすめです!(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/26 17:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます