真夜中に生まれた仔馬が命の危機に 事態に気付いた愛犬が飼い主を叩き起こす(カナダ)

拡大画像を見る

カナダ西部ブリティッシュ・コロンビア州タッペン在住のマリー・ハーレーさん(Marie Hurley)は、農場「Hillbilly Haven」を経営して馬などの動物を飼育している。先月24日、真夜中の午前1時50分にベッドで寝ていたマリーさんは愛犬でボーアボールという犬種の“トフィー(Toffee)”に突然叩き起こされた。

マリーさんは「トフィーは鼻で私を強く突き、とても真剣な様子で大きく『ワンッ』と吠えていました。私がベッドから飛び起きるのを確認すると、トフィーは階段を降りて庭へ飛び出していったのです」と当時を振り返る。

トフィーに導かれるまま農場の方へ向かうと、驚いたことに所有する馬の1頭が出産していたという。

「生まれたばかりの仔馬が、いびきのような酷い音を立てていました。あまりに酷い音だったので確認すると、羊膜が破れていなかったのです。羊膜に包まれたまま生まれた仔馬は膜が鼻にくっついてしまって息ができず、窒息しかけていました。」

トフィーは馬の出産に気付き、さらには生まれた仔馬が命の危機に陥っていたことを察し、寝ているマリーさんを起こして助けを求めたのだ。

「急いで仔馬を包んでいた羊膜を破き、鼻の周りをキレイにしてあげました。もしトフィーが起こしてくれなければ気が付かなかったでしょう。」

「私はトフィーのことをヒーローだと思っています。犬の素晴らしい活躍をよく耳にしますが、まさか自分の身に起こるとは思いませんでした。トフィーはそんな素晴らしい犬の1匹であることを証明してくれたのです。トフィーがいてくれて本当に良かったです。」

トフィーのおかげで一命を取り留めた仔馬はその後、すくすくと成長して元気に遊びまわっているそうだ。このニュースを見た人からは「本当に素晴らしい犬だね」「素敵な話だ。トフィーにはご褒美をあげてほしいよ」「トフィーが何かが起きていたことに気付いていたなんて信じられない!」など驚きや称賛の声が届いている。

「満月の下で生まれたこの仔馬には、シマウマのような縞模様があることや、干ばつや酷い暑さの中で生まれたことなど驚くような事実がたくさんあります」と話すマリーさんは、仔馬の名前がすぐに浮かばなかったので名前を一般募集した。募集専用メールアドレスをFacebookに記載すると、今月14日までに800件以上のアイディアが届いたという。

マリーさんは「人々がネットでシェアしている話の中には、本当に心に響くものもあります。特別な生き物で、家族の一員でもある犬や馬は私たちの人生に触れ、様々な形で影響を与えてきました。今回生まれた仔馬は歯で私に触れて遊んでおり、こういうのを『“馬”鹿騒ぎ』と呼ぶのかもしれないですね」とジョークを交えながらコメントしている。

画像は『Marie Hurley 2021年7月11付Facebook「On June 24th, this puppy saved my foal’s life by waking me up to tell me he was in distress.」』『Global News 2021年7月10日付「Dog helps save colt’s life in early morning rescue in Tappen, B.C.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 7/17 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます