「ビックカメラ池袋SELECT」オープン、アップル製品を取り扱い 池袋本店も大幅リニューアル

拡大画像を見る

 ビックカメラは、7月30日に「池袋東口に3つの専門店 大改装&NEW OPEN」として、「ビックカメラ池袋本店」をリニューアルオープンし、同時に地域特性にあわせた新業態の「ビックカメラ池袋SELECT」を新規オープンする。

 現行の「ビックカメラ 池袋本店」は名称を変更せずに、家電コーナーを2フロアから3.5フロアに拡大するなど大幅リニューアル。「ビックカメラ池袋本店パソコン館」は、名称を「ビックカメラ 池袋カメラ・パソコン館」に変更し、PCに加え、デジタルカメラや交換レンズなどを取り扱う。
 2020年春以降、本格化したテレワークやオンライン学習、GIGAスクールといった新たなニーズに対し、専門店ならではの提案と展開で実際に商品を「見て」「触って」「聞いて」商品をじっくりと選べるよう旗艦店である池袋本店のフロア構成を再編した。
 一方、六本木駅店に続く4店舗目の「SELECT 店」となるビックカメラ池袋SELECTでは、「Apple製品がワンストップで揃う」をコンセプトに、Apple製品と関連アクセサリー、健康志向の高まりから注目を集めるスマートウオッチを取り扱う。Apple製品の修理も受け付ける。
 営業時間は、ビックカメラ 池袋本店が10時~22時(通常)、ビックカメラ 池袋カメラ・パソコン館、ビックカメラ 池袋SELECTが10時~21時。アクセスは、各店舗とも池袋駅東口からすぐ。なお、「ビックカメラ 池袋東口カメラ館」は2021年1月11日をもって閉店した。

関連リンク

  • 7/16 18:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます